FC2ブログ

羽ばたき飛行機1号機改造

羽ばたき飛行機の2号機もできたので、1号機のギアボックスも同じメカに換装します。

Bokky190105 (1)small
加工しやすい軟鉄のシャフトを使ってましたがもうすでにサビサビ!(上の2本)
やっぱり2号機と同じステンレスシャフトを使いましょう。

Bokky190105 (2)small
シャフトがサビるとゆーことは表面がザラザラになるのでプラギアが削れます。
そんなにフライトもしてない(飛んでない)のに穴が広がってました。

Bokky190105 (3)small
2号機と同じギア比のギアボックスに換装完了~!
ファイナルギアシャフトをベアリング受けにしてますが、今回精度のよいベアリングを使ったら3Dプリンタパーツの誤差でスムーズに回りませんでした。
3Dプリンタパーツ側にある程度アソびがあるような設計をした方が良さそうです。

Bokky190105 (4)small
主翼も2枚目を作りました~。
Φ0.8mmステンレス線でカーボンロッドを斜めに接続して後退角を作ってみました。
1枚目とあまりにも変えるとどのパラメータが良いのか分からなくなるのでロッド太さは同じです。

Bokky190105 (5)small
と言いつつ、EPP45倍1mmを使い果たしていたので30倍に変更。
だいぶパラメータ変わっちゃいました・・・。
翼形はとにかくコダワって試してみたいので1枚目同様ピアノ線で形状を付けてあります。

Bokky190105 (6)small
1枚目は約3.7g。

Bokky190105 (7)small
2枚目は約4.5gと0.8gほど重くなりました。
大した違いではなさそうに見えますがずっしりと重く感じます。

羽ばたき機まっすぐ飛ばない

ギアボックスやエレベータの追加をした2号機を屋外でテスト飛行してみました。
飛んだ!・・・のですがずっと左旋回をしてしまいます。
旋回メカを右最大に打つとなんとか直進します。
そーいえば1号機の初飛行もずっと左旋回してました。
クランクの長さ、水平尾翼の角度もじぃ~くりチェックしましたが目視(老眼)ではほとんど同じ長さです。
こうなると主翼の左右の推力が違う(右>左)しか考えられません。

Bokky190103 (1)small
まず外形の比較。
左右を重ねて上空から撮影しましたが・・・これもほぼ一緒。

Bokky190103 (2)small
旋回用輪ゴムの位置が5mmほど違いますが、主桁の位置や重ね合わせた補強EPPも同じ大きさです。
補強EPPの剥がれも特にありません。

Bokky190103 (3)small
翼軸が一番影響出そうですが細いロッドとの連結位置も全く同じ。
もちろんロッドのしなりは製造バラツキもあるのでしょうが、そこまで左右合わせて作るのは大変そう。

Bokky190103 (4)small
ハネの切込みも左右の位置、深さとも同じに入れてあります。

Bokky190103 (5)small
翼形にしたリブのピアノ線も同じ形状にしたつもりです。
固定はブレンダームテープで何か所か留めているだけなので、もしかするとこの辺の差なのかもしれません。
まずはリブの固定を見直してみます。
問題は新年明けだと公園の制空権を凧が占有しているので、なかなかテストできないことです。(寒いし…ボソ)

羽ばたき飛行機2号機

本年もよろしくお願いいたします!

Bokky181231 (1)small
羽ばたき飛行機の2号機が一応できました~。
主翼は1号機から持ってきただけです(胴体よりハネを作れと怒られそうですが)

Bokky181231 (2)small
1号機で色々気になっていた部分を変更しました。

Bokky181231 (3)small
まずは一番重要なギア比の変更。
羽ばたかせてみた感じはHV Li-Poで飛ばした時と同じぐらいのパワーが出てそうです(当社比)

Bokky181231 (4)small
ふしみさん考案の旋回メカをリンク機構にしてみました。
1号機の構造だと輪ゴムのテンションがサーボに直接かかるのが気になっていたのと、もう一つは左右の輪ゴム上下位置を変えてみたかったんです。
旋回するとゆーことは主翼のどちらかの揚力(推力)が増えているのか減っているのかだと思ってます。
それであれば片方は動かさない方が良いのではないかと。(リンクでも若干動いちゃいますが)
左右を別々に制御してフラッペロンみたいに主翼だけで旋回/上昇下降ができるのかもと考えてみました。
2サーボ化で別々に動かすとか、カムを使えば1サーボで片方だけ動かせるとか色々妄想中です。

Bokky181231 (5)small
2号機はシッポが振れるよーになりました。
やはり現代社会の中ではシッポが振れた方がよいと思います(黒い発想)

Bokky181231 (6)small
飛んだレシピをあまり変えたくない派なのですが、全長が長すぎるのがトリっぽくないので若干短くしました。
垂直尾翼ナシでどこまで前に持ってこれるかは全体のバランスなのでしょうけど、、ギアボックスが結構重いので重心を取るためには軽量化が必要だと思います。
ギアボックスのステンレスシャフトも余分な長さのものを使っているので短いのに交換しようと思ってます。

Bokky181231 (7)small
バッテリー込みで約47.7gです。
今までは強度優先でパーツ選択したり3Dプリンタの肉厚を決めてましたので、ムリして設計している部分はありません。
これで飛ぶようであればメカの方は今後そんなに改良しなくても、主翼のパラメータに注力することができると思います。

ギアボックスまた作り直し

前回の飛行会でとりあえず飛んだ羽ばたき飛行機。
HV Li-Poを使わなくても飛行できるようにギア比を変更します。

Bokky181223 (5)small
主翼の効率はまだまだなんだと思いますが、とにかく少しだけパワーを上げれば飛ぶことが分かりました。
ピニオンを変えようと思ったんですがΦ1.5mm穴の10Tピニオンがほとんど売ってません。
どこでも買える材料で作りたいので、1stギアを28T/8Tから28T/10Tに変更。
これで周波数は5.61Hzから7.02Hz(計算上)になりました。

Bokky181223 (6)small
パワーを上げるので3Dプリンタの穴で受けていたシャフトをベアリング受けに改良しました。
ミニッツの620ZZがウチにたくさん転がって・・・ない。
過酷なバトルを繰り広げるレースの世界ではベアリングは消耗品なのでスペアなんて持ってないのでした。(いえ貧乏です)
仕方ないので実走できる車体から外しましたが、これまたボールはゴリゴリするご老体。
まぁ高速回転しないのでいーでしょう!

Bokky181223 (7)small
シャフトはステンレスにしたので精度バッチリでガタも減りました。
他にも手羽元受けの肉厚を増やして満腹感を得られ・・・強度を高めました。
クランクも厚みを増やして強化してます。

Bokky181223 (8)small
前回のギアボックスはHV Li-Poで飛ぶのでキープ(小市民)
新しいギアボックスは2号機用に使うことにしましょう。
ついでに頭部固定用のパーツを作りましたが、単なるバンパーなのに1g増量。
まぁコレがないとギアボックスにダメージがあるので仕方ありません。

ステンレス加工

今まではシャフトに軟鉄シャフトを使ってましたが、なんせすぐサビます。
加工しやすいのですがこんなにサビるといつか折れそうです。

Bokky181223 (1)small
強度はそこまで要らないのですけどシャフトをステンレスにしてみます。
材質はNS15MN( SUS304相当、高硬度非磁性ステンレス鋼)とかゆーのを購入しました。
でも、むっちゃ硬いのでステンレスに対抗する武器が必要です。
ドレメルの超硬カッターを買ってみました~。
中華製の安いのはいっぱいありますが、ココはブランド品との差を見てみたいところです。

Bokky181223 (2)small
まずはシャフトの切断。
切らなくてよい長さで機体を設計すればよいのですが、今回はステンレスとのガチ対決です。
マジックソーでギコギコして10分ぐらいかけて切りました。
すでにうっすらいい汗かいてます。

Bokky181223 (3)small
あとは電動工具なのでチカラは使いませんが・・・根気は使います。
砲弾や戦車の装甲にも使われるタングステン製の超硬カッターとはいえ相手はステンレス、少しずつしか削れません。
リュータも回転数を上げ過ぎると材料に弾かれるので中低速で回しました。

Bokky181223 (4)small
削るとゆーより磨く感じで作業すればこんな感じに仕上がります。
とりあえず超硬カッターを使えばステンレス加工もなんとか短時間でできそうです。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR