FC2ブログ

ニッコーiRider DSM2化完了

ニッコーさんのiRider(アイライダー)をとしちゃん、ふしみさんの改造を参考にさせて頂きDSM2化しました~!

Bokky160625 (5)small
スティックプロポで操縦できる自信はありませんが・・・。

Bokky160625 (6)small
バッテリーケーブルは外に出したのでここから給油。

Bokky160625 (7)small
長くて操縦性に影響のある電線アンテナが無くなっただけでも変な調整ポイントが減りました。

Bokky160625 (1)small
それでは改造方法ですが、としちゃんが細かく説明されているので割愛します(笑)
Li-Poの搭載は純正バッテリーが乗っかっていた底部分にムリヤリ入れました。
ふしみさんは150mAhを入れたとのことですが、手持ちの100mAhでギリギリ!

Bokky160625 (2)small
V272用Li-Poの保護基板を外してハンダし直し、押し込みます。
厚み方向はまだ少し余裕がありそうです。

Bokky160625 (3)small
コントロール基板は先日買ったDasmikroの超小型受信機を使おうと思ってたんですが初期不良で動作せず(涙)
仕方ないのでDeltang RX43dを機体から外して使いました。
ツインモータができる受信機なのでもったいないです。

Bokky160625 (4)small
ESC端子を走行用モータへ、アクチュエータ端子をステアリング用モータに接続すれば完了!

Bokky160625 (8)small
はい左折~!・・・と言ったら左折するよーに!(またかい)

Bokky160625 (9)small
ステアリングはスプリングで中立を保持する構造なので、アクチュエータ出力でもキメ細かい調整ができます。
まぁライダーのおっさんが倒れてしまうと慣性の方が勝ってしまいそうな気はします。

ECX Outburst フタババージョン動画

先日のIAC-ASOでECX Outburstフタババージョンを走らせてみました~。
細かいステアリングやスロットル制御ができるのでパイロンレースも可能です!
タイヤにホコリが付くと小回りが利かなくなるので旋回時のスピードをコントロールするのがキモですね。
まだ慣れてませんが、走りこめば自由自在なコーナーリングができそうです。

Allegro 分解

ShenqiweiのAllegroを分解してみました。

Bokky160605 (13)small
カウルを外すのではなくネジ4本を外して左右のパーツをバラすと真っ二つになります。
ライダーの手の影にタンク部分のネジがあるのですが、他の3本を外してライダーを上に持ち上げるとアクセスできます。

Bokky160605 (16)small
メイン基板。
縦は32mm、横は22.5mmですがステアリングホーンの切り欠きがあります。
ケーブルは左上が走行用モータ、左下がステアリング用モータ、右下がジャイロ用モータです。

Bokky160605 (14)small
ステアリング用モータはΦ6x10mmモータで、扇型ギアを回してホーンを動かします。
ステアリングロッドはΦ0.5mmのステンレス線みたいです。
走行用モータはΦ8.5x20mmモータ。

Bokky160605 (15)small
ジャイロ用モータはドライブユニットの中に内蔵されています。

Bokky160605 (17)small
リアホイールシャフトはネジになっていてそれを緩めるとドライブユニットが分解できます。

Bokky160605 (18)small
ジャイロ用モータはΦ6x12mm。
ステアリング用モータと同じに見えます。

Bokky160605 (19)small
リアホイール内蔵のジャイロフライホイールはプーリーで回転させる構造です。
さて、色々改造ポイントが分かりましたがΦ8.5x20mmなので3AぐらいのESCが必要っぽいです。
そうなるとDeltangレシーバはそのまま使えないかもしれません。
ステアリング部分は切り取ってしまえばホビキン1.7gサーボは入りそうな感じ。
メイン基板はRFA04とほぼ同じ大きさですがステアリングホーンと干渉しそうです。
うーむ、Deltang+外付けESCで動かせそうですが基板が収まるかどうか・・・。
しばらく考えてみます。

Shenqiwei Allegro 納車

まだまだRCバイク祭りは止まりません。
Shenqiweiの1/20RCバイク、Allegroが納車されました~!

Bokky160605 (1)small
って、バイク入ってないけど・・・。

Bokky160605 (2)small
全部、端っこに寄ってました(笑)さすが中華。
つかこの状態で海渡ってきたって大丈夫?

Bokky160605 (5)small
このAllegro、結構有名な商品で、かつてはホビキンでも売ってました。
インホイールジャイロ付きで全長11cmとコンパクトで、なんと約1800円とゆー激安なのに2.4G!
最近RCバイクばかり買ってますが、このテのラジは「ある時買い」が鉄則です。
人気のないのはすぐ製造中止で入手不可能になるので、見つけたら安い時に買ってテレビの上に置いておくのが正解です。
欲しい時にはプレミア付いてたりするのがザラですので!

Bokky160605 (6)small
Youtubeに動画もたくさんありますが、スピードもまぁまぁ出るみたいです。
ON/OFFのステアリングなのでサーキットを走っていてもレースもできませんしブツケてる映像がほとんど。
後輪ホイール内の銀色のがインホイールのフライホイールジャイロです。

Bokky160605 (10)small
ミニッツモトレーサーとほぼ見た目が同じ。
もちろんミニッツモトレーサーはサーボによる精度の高いドライビングが可能です。
ブラシレスのインホイールジャイロをプロポから制御できるので細かいセッティングが可能ですし、パーツも流通していて充分にホビラジです。何より走らせて楽しい!
無改造でそのまま走れるならAllegroのコストパフォーマンスが大きいですが、受信機載せ替えたりサーボ化するならミニッツモトレーサーで遊んだ方が精神的に正解だと思います。

Bokky160605asmall.jpg
上からシルバーリット1/12バイクECX Outburst、Allegro、ミニッツモトレーサーiRiderです。

Bokky160605 (7)small
ステアリングはステムを下からピアノ線で駆動する様子です。

Bokky160605 (8)small
リアホイールはスパーギアで駆動。
ギアが丸出しっつーのもイマイチですね~、屋外なら石ころ噛んで終了です。

Bokky160605 (9)small
インホイールジャイロの駆動は頼りないゴムベルト。
見た目はシリコンっぽいですが、機能パーツにこーゆー不安定要素があるのがトイラジですね。

Bokky160605 (12)small
バッテリーは120mAhの1セルLi-Poです。
イマドキはすっかり海外から購入しづらくなったLi-Poですが、こーゆー安物ラジに付属してくるのを他で使えるのが助かります。

Bokky160605 (3)small
重量はバッテリー込みで約93g。
ECX Outburstが約111gでしたから大きさの割には重いですね。
まぁバイクラジはオモリがぶん回っているので仕方ないです。
ミニッツモトレーサーも約90gありますし。

超小型受信機の選択

市販の海外ラジを改造するのに超小型受信機は欠かせません。
しかもBokkyは陸モノをホイラープロポでしか操縦できないカラダなので選択肢が限られてしまいます。
でも、ラジのサイズによってはマイクロサイズの受信機しか使えないこともあります。
使っている超小型受信機についてまとめておこうと思います。

Bokky160607 (1)small
左から
COOLTEC RFA04 フタバFASST互換 約2000円
Dasmikro KO PROPO ASF互換 約2000円
Dasmikro Mi-RX32M DSM2互換 約3000円
Deltang Rx34d DSM2互換 約5000円

Bokky160607 (2)small
COOLTEC RFA04
基板サイズ
幅 20.0mm
長さ 33.0mm
高さ 6.0mm
重量 3.54g(画像の状態で)
動作電圧 3.5V~8.4V
対応送信機:フタバFASST
6EX,7C,TM-7,TM-8,T8FG,T10C,TM-10,T10CG,14SG,T12Z,T12FG,TM-14,T14MZ等
3PK,4PK,3PM等(C1モード使用)

本来、紫色のアルミケースがシュリンクされてピンヘッダが横から出ています。
シュリンクを切り取ってケースを外してピンヘッダを削除すると超小型受信機になります。
激安が魅力ですがいちいち加工も面倒ですし、少し大きめです。
1セルと2セルLi-Poが両方使えます。

2016/08/20追記
RFA04Aとゆー小型バージョンが発売されました。
基板サイズ
幅 18.5mm
長さ 30.0mm

Bokky160607 (3)small
Dasmikro KO PROPO ASF互換
基板サイズ
幅 15.0mm
長さ 25.5mm
高さ 7.0mm(コネクタ外せば4mm程度)
重量 1.95g
動作電圧 4.2V~7.2V
対応送信機:ミニッツ用ASF送信機
KYOSHO PERFEX KT-18
KO PROPO RF-901/RF-902SM
KO PROPO EX-1 ASF
KO PROPO EX-6

ミニッツ用のKT-18が使えますが、KT-18は細かい設定ができないのでリバースとか不要なラジにしか使えません。
結構サイズも小さく、お値段も安いです。
動作電圧が最小4.2V、最大7.2VなのでLi-Poが使えないのが惜しいです。
DasmikroにはFHSS対応タイプもあってサイズ21.5x18mmで動作電圧3.7~12VとスバラしいのですがKOの送信機EX-1 FHSSがめっちゃ高いです。EX-2を持っていれば一番の選択肢になるかも?

Bokky160607 (4)small
Dasmikro Mi-RX32M
基板サイズ
幅 11.8mm
長さ 15.2mm
高さ 1.6mm
重量 0.35g
動作電圧 3.3V~4.2V
対応送信機:DSM2送信機

DSM2プロトコルなので国内で使えるホイラープロポは存在しません。
2AのESC内蔵で出力はアクチュエータなので小さいモータや電磁石を駆動する用途向けです。
どーしてもマイクロ受信機しか載せられないラジは仕方なくコレを使ってスティックで操作するしかありません。

Bokky160607 (5)small
Deltang Rx34d
幅 11.7mm
長さ 16.5mm
高さ 6.0mm(コネクタ部)
重量 0.72g
動作電圧 3.0V~6.0V
対応送信機:DSM2送信機

いつも小型飛行機でお世話になっているDeltangレシーバですので、比較用に登場。
同シリーズのRx43dはサーボとアクチュエータを切り替えられますし、色んな用途に使えます。
2AのESCが2chあるので差動で動かすものもこれ1台とまさに万能。
DSM2ホイラープロポが日本で認証されれば・・・。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR