FC2ブログ

タミヤレーシングトラックその1

ミニッツでスロットカーのレーシングトラックを改造して載せて遊んでました。
トレーラーヘッドってフロントが極端に重いのでフロントタイヤのグリップが高くなり、フツーのクルマとは違った挙動になるのがオモシロいんですよね。

Bokky160726 (1)small
タミヤさんからTT-01シャーシ用のレーシングトラックが発売されたので買ってみました!
1/14 電動RCカーシリーズ No.632 TEAM HAHN RACING MAN TGS (TT-01シャーシ TYPE-E)
まぁ実物がデカいので1/14になるんでしょうね。
このキット人気が高いようでネットでは予約完売のところもあったようです。
発売日(7月)にたまたま店頭で売っていたので迷わず購入しました。

Bokky160726 (2)small
トラックのボディはこんな感じでモールドされてます。
ヘッド、ヘッド後部、バンパー、シャーシと4分割のパーツを組み立てるよーになってます。
レーシングトラックボディは昔からヨコモさんからも出てましたが(型番ZR-RTHB)、現在販売していないようです。
ヨコモさんのはメルセデスのアテーゴがモチーフなので好みです。

Bokky160726 (3)small
ああ・・・こんなにたくさんのパーツを組まなくては。
もうTT-01は今までに2台ほど組んでるので飽きました。

Bokky160726 (4)small
レーシングトラックボディ用のパーツ。
最初はスペアボディが発売されたらとタイヤ、ホイールだけ買って、家のTT-01に載せればいーやと思ってました。
でもいつ発売されるか不明ですし、また即品切れとゆーのも困りますのでキットにしときました。

Bokky160726 (5)small
もう走らせまくってボロボロのTT-01なので、ここいらでシャーシも新調したげましょう!
こいつはTT-01Rなので色々なオプションパーツが付いてます。
使えるパーツは移植しながら作業するので時間がかかりそう。
夏休みのお父さんの自由工作ってことで、ちまちま進めます。

ギアの選び方

今回は画像もなく数字だけですが、スパーギアピニオンギアの組み合わせについて勉強してみました。

RCドリフトに限らず、適正な減速比を得ることは重要です。
しかし、ブラシレスモーターのターン数やKV値によって欲しい減速比は変わってくると思います。
ドリフトの場合には路面との摩擦が一番大事ですので、タイヤの種類や材質に応じた減速比に設定するためにスパーギアピニオンギアを色々変えることになります。

しかし、ワタシの場合今までテキトーにギアを買ってきてクリアランスが合う合わないで無駄な出費をしてきました。
マイナーな車種だとネットに先駆者の方がいらっしゃらないので余計試すしかありませんでした。
そこで、スパーピニオン外径をあらかじめ計算して、付けてみたら寸法が合わずダメだったが無いようにしたいと思います!
減速比はStreetjamさんのケツカキ計算機等をご利用ください)

まずはギア外径計算方法です。
外径寸法=25.4/ピッチ×(歯数+2)

これに基いてホワイトウルフの標準のギア外径計算してみます。
スパーギア84T 48P  25.4/48×(84+2)=45.5mm
ピニオンギア29T 48P  25.4/48×(29+2)=16.4mm
厳密にはギアの歯の噛み合せがありますが、半径を計算すればスパーギアの軸とピニオンギアの軸までの距離が計算できます。
ホワイトウルフの場合は
(45.5+16.4)/2=30.95mm(噛み合せ含まず)
となります。
実際測ってみると約31mmでしたのでピッチが小さければ噛み合せは誤差範囲となってきます。

標準の軸間距離が分かれば、あとは組み合わせを計算していくだけです。
ホワイトウルフは減速比を大きくしたかったので、標準ピッチが48Pですが64Pに変更しました。
スパーギア118T 64P  25.4/64×(118+2)=47.6mm
ピニオンギア31T 64P  25.4/64×(31+2)=13.1mm
軸間距離 30.35mm
よってこの歯数の組み合わせであれば標準の31mmに近いので装着可能ということになります。

現状は
スパーギア124T 64P  25.4/64×(124+2)=50.0mm
ピニオンギア26T 64P  25.4/64×(26+2)=11.1mm
軸間距離 30.55mm
となっています。

もちろんピッチ数が小さい方が噛み合せが大きくなるので微妙に軸間距離が小さくなります。
シャーシによってはモーターの位置を調整できる範囲が狭いものもあります。
2ベルト車の場合、センターシャフトに付けたセンタープーリーとモーターの外側が干渉することも多いので、あらかじめ計算してギアを選択されるのが良いと思います!


 

tag : スパー ピニオン ギア 減速比 計算 外径

ケツカキ訓練110701

久々の更新で申し訳ありません・・・。
なんか仕事も電力もピークで心が折れそうだったので、会社の半ドンを利用して出撃しました!


今回はiPhoneのショボいカメラでどこまで撮影できるかテストです!
Moroさんのパンテーラを流し撮り!・・・案外フロントだけはピント合いました。

Bokky110701b_convert_20110702081223.jpg
KURIさんの玉虫S15

Bokky110701c_convert_20110702081236.jpg
再びMoroさんのパンテーラ
本人達の名誉のために申しますが、カウンター当たってないのはカメラに緊張したからです(本人達談)

Bokky110701f_convert_20110702081317.jpg
KURIさんもしっかりTaGu在庫処分のアルミをゲットしてました。
バネ下重量の増加によるグリップアップとフライホイール効果に満足のご様子でした。

Bokky110701e_convert_20110702081304.jpg
今日のメイン目的はTaGuさんの試作タイヤテストです!
ポリカ、硬質樹脂等のタイヤはたくさんありますが、コレはデルリン削り出し!
デルリンは耐熱性、硬度とも優れた素材ですが成型には削りが適しているので加工費用がかかります。
テーパー加工にフラットを2面組み合わせた接地部分、引っ張り/エッジとも凝りに凝った加工をしてきますね~。

KURI号DRBに装着して走ってみましたが、おそろしく滑ります。
縦食いのグリップ感はほとんどないのですが横には食うという、今まで試したどのタイヤとも違う感じ。
高グリップな路面でしたらこれ以上滑るタイヤはないでしょうね。
まだ試作品とのことで発売は未定だそうです。

Bokky110701d_convert_20110702081250.jpg
デルリンは専用瞬間接着剤じゃないとくっつかないので、タイヤだけお散歩したりします。
コースの皆様すみませんでした。

カウンタードリフト アルミホイールテスト結果!

フライデーナイトに夜のコソ練行ってきました~!


割と混んでて、常連さんが楽しそうに走ってました。
しかし0時を回っても盛り上がっててビックリです。
先日、一緒に仕事しているインド人のSさんが「インド人もビックリネ!」と言っててビックリしました。

Bokky110618b_convert_20110618125902.jpg
今日はコレを実験します!
TaGuさんのツーリング用アルミホイール「カストル」7本スポーク。
多少リングの表面もヤスリで荒らしておきましたが、どうなるか・・・。

Bokky110618c_convert_20110618125917.jpg
実はMcINさんのTA05コンバージョンGRTのシェイクダウンに便乗させて頂いたのでした。
McINさんのケツカキデビューです~!

Bokky110618d_convert_20110618125951.jpg
TA05を完全なフロントミッドシップにし、ケツカキ化を容易にするためのセンターシャフト配置にするコンバージョンキットらしいです。
WWより若干モーターがリア寄りで、バルク周辺に余裕があるのでセンタープーリーのリア側大径化にはよさそうですね~。
ケツカキはリア側減速比で調整したいですから!

Bokky110618e_convert_20110618130007.jpg
TaGuアルミホイールのテスト結果ですが・・・
パーフェクトです!
バネ下重量の増加がこんなにグリップアップに貢献するのかと再認識しました。
ストレートの卍もグリップ感があってしっかり戻りますし、コーナーは樹脂ホイールと同じように転がってくれます。
ダンパー寝かせやツイークスクリュー調整、ウエイトとさんざん試しましたが一番接地感には影響が出ます。
セッティングの一つとしてオススメです!

まだTaGuさんの在庫処分も残っているようです。

tag : カウンター ドリフト ケツカキ アルミホイール TaGu

カウンタードリフト アルミホイール

ホワイトウルフでカウンタードリフトがかなりできるようになりましたが、相変わらずストレートでリアが流れ出すと戻すのが大変です。
リアグリップの調整が必要なのは明白なのですが、スタビやダンパーで調整する前にバネ下重量を変えてみることにしました!


ミニッツではとてもお世話になったTaGuのアルミホイールです!
1/10用もちゃんと発売されてました!(知らんかった)

Bokky110614002_convert_20110614205750.jpg
この輝きは安っちいメッキホイールでは出ない光り方ですね~。
0mmと3mmと6mmがラインアップされているようです。

Bokky110614003_convert_20110614205805.jpg
Bokky110614004_convert_20110614205818.jpg
スパイスさんの樹脂メッキホイールに比べても2倍の重さがあります。
実車ではアルミホイールバネ下重量の軽減を行いますが、ミニッツではバネ下重量を増すことでグリップを上げてスタビリティの向上が図れました。
1/10でも同様にグリップ向上ができるかも!

Bokky110614006_convert_20110614205846.jpg
どーせ重くするならアルミダミーディスクハブもインストールしてみます!

Bokky110614007_convert_20110614205900.jpg
単体で6gと見た目には軽そうですが、樹脂ホイールの半分の重量がバネ下にかかります。
普通の鉛のウエイトでも5g~10gですし、サスの一番先に付いているホイールにこの重量がかかれば影響が大きいのは明らかですよね!

Bokky110614008_convert_20110614205916.jpg
過重が足りないリアに装着しました~。
とにかくカッコいいです!
ディスクの方向は外向きなので効きが良さそうです!・・・て関係ない?

Bokky110614009_convert_20110614205929.jpg
ボディを付けてみましたが実車感が数段アップ!
とにかく細かいディテールがリアルです~。
こっちは内向きなのでマイルドに効きそう・・・取付方向テキトーですみません。

とにかく、クローラーでは重視されているホイールの重量ですが、ダンパーオイルが100番違うだけで挙動が変わるカウンタードリにどんな影響があるのか実験です!
ちなみに現在TaGuさんでは今のデザインのアルミホイール在庫処分中で1500円ちょいで購入できるようです。
樹脂ホイール+αの価格でホンモノの輝きを入手されてはいかがでしょうか?
TaGuオンラインショップ

tag : カウンター ドリフト アルミホイール バネ下重量

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR