FC2ブログ

nanoQLOカンチレバー!

nanoQLOカンチレバー化しました!

サスドゥループ化に成功したので、ドゥループをフロントに移植してリアをコイルオーバー(コイルアンダー?)
に戻してカンチレバーにしてみました。


今回はミニッツの樹脂パーツで適当なものが見当たらなかったので、エアロアールシーのエアロキットを
ぶった切って作りました。
お手元にある部品でこのよーな形状のものでしたら何でも使えます。
とにかく形にして見たかっただけなので削りもテキトーです。
リンケージ変更で余ったピロボールをここで使ってます。

Bokky110211a001_convert_20110211121355.jpg
カンチレバーが上死点のとき。
スプリング抜きと同じぐらいの車高になるよーにしてます。

Bokky110211a002_convert_20110211121411.jpg
カンチレバーが下死点のとき。
腹下はかなり稼げてますがリンケージやサイズの都合からホイールベースが短くなってカッコわり!
モータケースもロアリンクより下にハミ出してます。

Bokky110211a003_convert_20110211121438.jpg
結構スムーズに動かすのに苦労します。
ショックをはじめとするピロボールの動きが渋いので、全部の動きをスルスルにするところから調整必要です。
テフロンを塗ったりショックを付け外しして滑らかに動くまで頑張ります。

Bokky110211a004_convert_20110211121454.jpg
元のチューバーフレームの後ろ部分はバッサリ切り落としました。
個人的にはメカニカルな部分が見えてカッコよくなったよーな気がしてます。
うーむ、だんだん原型がなくなってきました。

Bokky110211a005_convert_20110211121509.jpg
段差を越える際にカンチレバーが伸びて車高を確保するのが本来の目的なんですが、
nanoQLOでも同様の効果がちゃんとわかります!
亀の子になりがちなホイールベースサイズの障害物をくわえ込んだ時でもカンチレバーが伸びて
リアグリップを確保してくれるよーになりました!
障害物から降りるときにもカンチレバーが逃げて前に転倒してくれるのを防ぎます。

こんな小さくても構造は2.2クラスやminiQLOと同じなので、今までのセッティングノウハウが
活かせるのが良いですね~。

tag : ヨコモ YOKOMO nanoQLO ナノクロ カンチレバー 改造

nanoQLOドゥループ!

nanoQLOドゥループ化しました!

スプリング抜きでもかなり車高が落ちて良い感じだったんですが、立ち上がった時にスコンと伸びてしまうと
転倒することもありました。
ショック自体の動作も多少の引っかかりがあるのと、タイヤのウェイトがまだ軽いのもあるようです。
やはり縮む方向で動いて欲しいのでドゥループ化してみました。


マイクロヘリ修理用に0.7mmのドリル刃を買ってあったので、これでショックの筒側に穴を空けます。
ものすご~く細かい作業なので、DNaNoをイジっている方の気持ちがよっく解ります(涙)
も~”ナノ”とか名前に付くヤツはルーペ無しの作業はムリっす!

Bokky110211002_convert_20110211091132.jpg
スプリングが純正のものを使いました。
7巻ぐらいにニッパーで切っておきます。
これを引きバネとして使用するワケです。
コイツもやたら空を飛びたがるので注意してください。

Bokky110211003_convert_20110211091147.jpg
切った側のスプリングの端をショックのシャフト側に空いている穴に入れます。
ココをあまり入れすぎると動作が渋くなるので若干引っかかっている感じですね。

Bokky110211004_convert_20110211091202.jpg
ショックのシャフトを筒に入れます。
スプリングが若干引っかかりますが無視します(笑)
最初に空けておいた0.7mmの穴に0.5mmぐらいの金属棒(LEDの足が最適)を突っ込み、
内部のスプリングを突き通す感じで固定します。
穴位置が悪いとスプリングが引っかかりませんので、画像の位置くらいがよさげです。
マジックショーで人体に剣を突き通すのに慣れている方はすぐできると思います。

Bokky110211005_convert_20110211091219.jpg
シャフトの穴にスプリングが入っているので、最初から付いている純正のピンは入りづらいです。
1mmしんちゅう棒の先をニッパーで切ると尖りますので、これを叩きながら入れた方がラクチンでした。
スプリングを留める0.7mm棒があるのでショックが最後まで縮みにくいのですが、
伸びっぱなしよりマシと言い聞かせることにします。
とにかく純正部品のみでドゥループができました~。

Bokky110211006_convert_20110211091234.jpg
スプリング巻き数が少ないので、スムーズではありませんがとにかく車高が落ちる側に引いてくれます。

Bokky110211007_convert_20110211091247.jpg
走行させた感じはぶっちゃけスプリング無しとあまり変わりません(涙)
若干ですが立ち上がった時の腰砕けはなくなったと妄想してます。きっとそうです。
まぁとにかくドゥループを試してみたかったので!
とりあえずリアだけドゥループでどこまで変わるか走りこんでみたいと思います~。

仲間も増えたので比較もできますし(笑)
Bokky110210001_convert_20110211094000.jpg

tag : YOKOMO nanoQLO ナノクロ ドゥループ 改造

nanoQLOリンケージ変更

nanoQLOプチ改造その2です~。
つか小さいから全部プチ改造なんですけど・・・。

変に捩れたリンケージの動きを修正しました。
クローラーを知り尽くしたヨコモさんとも思えない(すみません)シャーシ側のピロボール位置ですが、
中央付近に持ってくることで舵が切れてしまうような現象が防げそうです。


1mmのしんちゅう棒とテキトーな・・・もとい適度な太さのケーブルの被覆を剥いてスペーサにしました。
ピロボールがありませんがケーブルがビニールなのでテキトーに・・・いや、適度にロアリンクを押さえて
くれていてバッチリです。

この方法のメリットは、リンク位置を調整できるので細かいセッティングができることと(多分やりませんが)、
貴重なピロボールが4個もスペアできること!
すぐにどっかに飛んでいってしまう恥ずかしがりやさんのピロボールがストックできるのは大変ありがたいことです。

走行させてみましたが、スプリング抜き+コネクタ削除+リンケージ変更の効果はかなり高いですね~。
サスの動きがしなやかでグリップが上がったのがハッキリ分かります。
障害物を越えたあとナナメにカニ走りすることもなくなりました~。

tag : ヨコモ YOKOMO nanoQLO ナノクロ リンケージ 改造

nanoQLOスプリング抜き&コネクタ削除

nanoQLOプチ改造です~。

nanoQLOは超軽量の上、結構重心が高いので横方向の安定感を高めるためにドゥループ仕様で
車高を下げたいのですが、ショックがむちゃくちゃ小さいので悩ましいところです。
現状、フロントタイヤの中に5g、リアタイヤに3g程度のオモリを入れてあり、安定性はかなり
上がりましたがもっと横転をなくしたいと思います。

まぁ悩んでても仕方ないのでバラすことに(笑)

Bokky110207002_convert_20110207134137.jpg
ピロボールはなんせ小さくて壊れやすそうなので、ピンセットはこのよーにフランジ部分に突っ込んで
コジるようにしてボールエンドを外します。
これをやらないと圧入しているだけのピロボールが抜けてきます。
抜けてきたものは瞬間接着剤で固定しても良いのですが、後々の改造の時に抜けて欲しいので。

Bokky110207001_convert_20110207134047.jpg
モータコネクタはシャーシとアッパーリンクに挟まる位置なのでかなりリンケージの動きを妨げています。
ケーブルもかなり硬い被覆のものなので、ケーブル自体がバネのようになってしまいショックが
正しく作動しません。

Bokky110207003_convert_20110207134150.jpg
AWG32の細い線を使ってケーブルの影響をゼロにしました。
数10mAも流せる電線なので抵抗は全く問題ありません。

Bokky110207004_convert_20110207134204.jpg
続いてショックを分解。
径1mm以下のストッパーピンにも抜け止めの加工がしてあって感動しました!
(加工してないのも混じってましたが)
ドゥループにするためには内側のシャフトに押しバネを入れたいのですがケース(筒)側に固定できる
ような場所はありません。
外径4mmぐらいの弱い引きバネがあればアウターに付けて実現できそうですので探してみます。
今のところ車高を下げるためにスプリングを抜いてみました。

Bokky110207006_convert_20110207134238.jpg
横から見るとあまり下がっていないよーに見えます。

Bokky110207005_convert_20110207134221.jpg
横立ちできるほど重心が下がりました!

走行させてみたのですが、横方向への転倒が少なくなったよーな気がします。
スプリングが無くなった影響はさほど感じませんが、段差を登るときにはショックが伸びて欲しくないので
やはり必要だとは思います。

tag : ヨコモ YOKOMO nanoQLO ナノクロ スプリング 改造

nanoQLOビートルボディ Built by ヨーダさん

2010/02/07
nanoQLOビートルボディ
Built by ヨーダさん

ヨーダ110207c
ヨーダ110207a
ヨーダ110207b
今回はシャーシが黄色だったのでムーンアイズ使用にしてみました。
ボディはTAMIYAの1/48 フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカーです

詳しい制作方法、動画は
http://19000butuyoku.cocolog-nifty.com/19000butuyoku/2011/02/nanoqlo-dd8c.html
にて公開しています。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR