FC2ブログ

RC-ART WHITE WOLF(ホワイトウルフ) ケツカキセッティングその4

だんだんフルカウンターができてきたので、今日は微調整をしてみました。

まずはタイヤテスト。
ストリートジャムさんのDT0013ウルトラハード超引っ張り。

最初はなかなかグリップも適度でしたが途中からリアがバリ食いに!
タイヤを見ると・・・溶けてました(涙)
バーストしたかのようなササクレで、コレでは横にも縦にも引っかかってしまいます。
どうやら高温には弱いみたいですが。ケツカキ比を変えるのも面倒なんで再びゼロワンに戻りました。

Bokky110604c_convert_20110604183021.jpg
ストレートが長いコースなのである程度リアのふんばりがないと卍を切った時に戻ってきません。
スプリングをRC-ARTさんのART3006ハイパフォーマンススプリングソフト28へ変更~。
リバウンドの具合をダンパーのツィークスクリューで調整しながら様子を見ました。
個人的にはリバウンドが大きめの方がリアグリップが上がり、コーナーの巻き込みとストレートの安定感が良くなったような気がします。
このリアの微調整、ドリフトだからとアナドってましたがカウンタードリには非常に重要な要素です。

Bokky110604b_convert_20110604183008.jpg
センタードライブシャフトのEリングがどっか逝ってしまいました(笑)
コレはあまり重要な要素ではないよーですが、抜けても困るので探しておきます。

結局色んなタイヤを試しましたが、ゼロワンRがコントロールは難しいものの一番合っている気がします。
ショルダー形状の違うゼロワンRSをゲットしましたが、キャンバーを立てるとやはりゴムが接地しそうなので削る必要がありそーですね。

tag : RC-ART WHITE WOLF ホワイトウルフ ケツカキ カウンター ドリフト セッティング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR