ミニP-38ライトニング その6

ミニP-38ライトニングの製作続きです。

Bokky150314 (23)small
バッテリー搭載位置がかなり前寄りになってしまったことで、コクピット下側に配置することに。
切り欠きを入れて置いてみると・・・。

Bokky150314 (24)small
一番墜落時に衝撃を受けるデリケートな機首がこんな薄い状態に~!
これじゃ飛ぶ前に輸送で折れてしまいますよ~。

Bokky150314 (25)small
重量増カクゴで補強するしかありません。
0.5×3mmのカーボンストリップを仕込むことにします。
本当ならこんな風に縦に入れると強度が増すのでしょうけど・・・。

Bokky150314 (26)small
とりあえずストリップを入れるために、パーツをさらに切断!

Bokky150314 (27)small
溝は紙やすりを丸めて掘りましたが結構大変でした。

Bokky150314 (28)small
カーボンストリップを張り付けてから切断したパーツを元に戻します。
一撃で折れることはなさそうですが三撃くらい食らうとアブナイかもしれません。
2号機を作ることになったら機首を伸ばそう・・・。

Bokky150314 (31)small
コクピット後方をよじると翼がかなりネジれます・・・。
カンザシが前の方にあるのとコクピットがかなり長いせいですね。
重量増ですが、もう1本カンザシ補強が必要です(涙)

Bokky150320 (1)small
もう重量が30g超えるのも見えてきたのでスポンジタイヤがツブれないようにします。
1mmスチレンを丸く切り出します。

Bokky150320 (2)small
中央にΦ5mmの穴を開けてスチレン棒を切ったホイールを接着~。
これがインナーリブになってスポンジがつぶれるのを防ぎます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR