ブラシレステスト機 その4

モータマウントについて悩み中です。

Bokky150307 (16)small
機首に板を付ける方法が思いつかず・・・。

Bokky150307 (17)small
とりあえず先っちょに付けた感を出さないよーに少し切り込みを入れました。
発泡スチロールをこんな細くしてもすぐ切れてなくなりそーですけど。

Bokky150307 (19)small
そこにバルサのモータマウントを接着しま~す。
GPクリアだと木に使えるかわからないので木工用ボンドで接着しました~。

Bokky150307 (20)small
補強のために三角柱を4個作って貼っておきました。
できればココはEPPが良さげですがブロックを持っていないので発泡スチロールです。
だいぶ丈夫にはなりましたが、結局は弱いとこから折れるんでしょーね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

モーター取り付け板を90度回転させて、胴体部に補強に貼った斜めの板を取り付け板の4辺に貼り付けると、4辺と中が十字形に接着されるので、恐ろしいほど機首が丈夫になりますよ。

No title

motoさん、おはよーございます!
前から数学はニガテなので辺とか出てくると脳が混乱します(涙)
90度ですか…う〜ん、同じになるような?
斜めの板は機体断面の十字の頂点AからBを結ぶ線分ABが補強で…???
恐ろしいほど理解できてません。

No title

オーマイガッ !!  アイム・オーフリー・ソーリー!!!
回転は45度みたいね、たぶん。
板の4辺と対角線を結ぶ十字を、補強部と胴体部にそれぞれ接着することでノーズから着陸しても、ノーズだけは壊れなくなります。ノーズだけはね・・・・。

できれば

もしEPP素材を持っているようでしたら、モーターマウント部機首5センチほどでもいいんでEPPにすると格段に耐久性が上がるんですけど、コメント遅すぎましたね。せめてEPPを貼り足していくだけでも結構耐久性はあがりますが、重くなりますね。20g以上のスチロール単体機首は一度落としただけで悲しいことになりますから。グリグリ機体ならなおさらです

No title

逆に、ぶつかるとノーズだけもげるように最初からしておくとか!
アラスカカブ風機はモーターの配線をロックなしのコネクターでつないでおいて、墜落時両面テープで貼り付けたギヤダウンユニットごと外れるようにしてました(^^;;

ブラシレス機だと飛んでる最中にもげそうですね〜(笑)

No title

motoさん、重ね重ねありがとうございます〜!
45度でしたか〜、ビックリすますた。
愚かなワタシのために分かりやすい算数で教えて頂き、たすかりました〜。来月から小学校へ入学します。
すでにナナメの補強は三角柱の断面積で求めてます。
ノーズだけでも泣きながら持ち帰ろうと思います。

No title

としちゃん、こんにちわ~!
アドバイスありがとうございます!
EPPの板は入手したのですがブロックがなかったので、とりあえず発泡スチロールを貼っておきました。
壊れたらEPP板を上から貼って補強しようと思いま~す!
次は同じ型紙でEPPから作ろうと考えております。
・・・次がすぐ訪れる予感もしてますが(涙)

No title

ryoさん、ありがとうございます!
なるほど~、最初からモゲしろ(って何?)を作っておくのですね~。
それだとノーズだけは生き残るので機体の着せ替えが楽しめそうです(笑)
あ、ノーズだけ使いまわせばお小遣いが節約できるかも!

ブラシレスモータだけ飛んでいくに一票です・・・。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR