全翼機 その4

Horten BV-38ですが・・・飛びません。
重心調整は当然として、翼をねじったり、モータのスラスト角をアップにしたり色々やってもちゃんと飛ばないです。
翼端の角度を急にすると失速するので、影響はあるようですが主翼と同じ角度にしても飛びません。

Bokky150102 (1)small
試しに水平尾翼を取り付けてみたら・・・一応飛びましたがまだ巻き込みます。
む~、難しい。

Bokky150102 (2)small
ん~、でもコレはHorten BV-38ではなく変わったカタチのヒコーキです・・・。
どっちかとゆーとAIR HOGS HAWK EYE BLUE SKYと同じ形状だし!
テールにペラがあるプッシャーなので新しいっちゃー新しいんですけど全翼機じゃないです!
あんましデザインにも美しさを感じないので、バラして他のヒコーキ作ろうかな・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

もし

まだバラしていなかったら、オマケで縦方向の重心位置を下目(電池を機体下方深く設置する何か貼り足してでも)を試してからバラすのも経験値稼ぎになるかも

No title

Bokkinenさま、こんにちは。

画像で拝見すると、後縁のはね上げが少ないように見えます。Sカンバーになっていないような。また、捻り下げもあまり付いていないように見えます。もしそうだと、どうやっても安定が保てないですね。

2個のモーターのスラストで操縦する方式かもしれないですが、スラスト固定で、エレボン方式にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに後退角のある無尾翼機で、全スパンにわたってエレボンを付ける場合は、翼端側の幅を広く、胴体側の幅を狭く(4:3ぐらい)にすると、捻り下げになって翼端失速防止になるようです。

まだ

としちゃん、こんにちわ!
はい、今回は色々アドバイスを頂いたのでしつこ~く実験するつもりです!
アキラメの良い○型ですが、としちゃんの言われるよーに経験値を上げたいと思ってます。
縦方向の重心ですね!試してみますっ!

No title

cvlexさま、こんにちわ!
アドバイスとても助かります!ありがとうございます!
としちゃんからも主翼後端にエルロンのような跳ね上げが必要だと伺ったので実験しています。
主翼に切り込みを入れて少し上げて(Sカンバーというのですね)みたところ、重心次第で滑空することがわかりました!
数ミリの違いなのですが空力的にはものすごく違うのですね!

すみません、スパンが30cmで10gしない機体なので残念ながらエレボン化できないのです・・・。
全翼機の経験値が上がったら屋外用のエレボン機も作ってみたいです。
その際には教えて頂いたように動翼の幅に留意して作ります!

No title

Bokkinenさま、こんばんは。

Sカンバー固定にする時も、翼端側は幅広ではね上げを強めにして、胴体側は少なめにすると安定がよくなるので、試してみてください。実質的に捻り下げになるからだと思います。

それと、昔、スペースシャトル型で翼幅10cmぐらいのフリーフライトの発泡グライダーがありましたが、後縁のはねあげは直線ではなくカーブしていてかなり強かったです。重心は前めに、後縁のはね上げは強めにされるとよいかもです。

No title

cvlexさま、おはようございます!
重ね重ね、貴重な情報を教えて頂きありがとうございます!
幸い動翼ではないので、ご教示頂いたようにRを付けて跳ね上げてみたところ、重心次第で少し飛ぶ感じになってきました!
5mm程度ですが確実に効果がありますね!
Rは強め、翼端側を広めにしてみます。
市販機から学べることも多いんですね。
もっと観察してみます!
ありがとうございました!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR