Deltangレシーバ設定ヘルパー

Deltangレシーバは設定を行うのにある操作が必要です。
送信機の左右スティックを中央に倒し、レシーバのバッテリーを接続すると設定モードに入ります。

Bokky141214 (5)small
スティックを倒すのに左手を使うとバッテリーは右手だけで接続しなければいけません。
あともう1本手がないとシャッター押せないので、画像はセルフタイマー撮影です。
Deltangは輪ゴムを使ってスティックを固定するよーに推奨してますが、輪ゴムが外れることもしばしば。

Bokky141214 (6)small
右手だけでコネクタとバッテリーを持って挿入~なんてワザも身に付きました。
でも結構、指がプルプルしてツリそーになるんですよね~。

Bokky141214 (7)small
そこで!Deltangレシーバ設定ヘルパー(略してDRSH・・・略さなくていーけど)を作りました!
つか中継コネクタの間にスイッチ入れただけです。

Bokky141214 (8)small
手元に転がっていたのがモーメンタリのバネ戻し付トグルスイッチしかなかったのでコレを使用。
スイッチを押すと接点が離れ、スイッチを戻すと接点が付くよーにします。
オルタネートなら切りっぱなしにもできますがあんまし意味がなさげ。

Bokky141214 (9)small
これなら片手でスイッチを使えますからね~。
クドいよーですがスイッチが付いても手がもう1本ないと撮影できないのでセルフタイマーです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

凄い凄い!
・・・でも、レシーバの設定だけでそんなに苦労しなくてはならないとは・・・

No title

vuvuさん、こんにちわ!
スイッチ付けただけなんです(笑)…けどずいぶん儀式がラクになりました〜!

なんで

スティック抑えは輪ゴムがビデオにある通りいいと思うのですが、なにかこだわりがあるのかしらん?スイッチいいですね、コネクタ傷まなくて済むし。この受信機シリーズたまに一体自分がどこのモードに入れているのが判らん迷宮狀態に陥る時がありますけど(ブラシレススピコンとかでもよくあるけど)、最近デフォルトに戻す設定とかも用意されている出るタング受信機もありますよね、でも今どのモードに入れているのかハッキリしないと、そのデフォルト設定もママならないという(笑)

No title

としちゃん、こんにちわ!
輪ゴムは使わないのには海より深いワケがありまして…ショートスティックだと引っかからないんです(笑)
ねじりっこを試したりしたんですが、100%スティックが内側にならないとモード突入してくれないんですよね〜。
おっしゃる通りモード砂漠をさまようこともしばしばです。
我が家はV5も混在なので余計です…。

No title

スティックにぴったりはまって簡単に脱着出来る延長パイプを3Dプリンタで作るとか…?
輪ゴムが外れない引っかかりも付けたりしてどうでしょう?

No title

ryoさん、こんにちわ!
なるほど〜!スティックの太さのシリコンチューブとかあれば良さげですね!
ん?そのままチューブを左右に挿せばいけそう?
3Dプリンタは残念ながらお勉強中(いえ、かなりサボり)なのでカッチョいいヘルパーは当分先です(笑)
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR