超スローフライト機 実験

としちゃんのイベント展示でやっぱり超低速、安全、安心の機体があるといーな~と思いました。
条件は以下。
・超スローフライトが可能であること=超軽量5g以下?
・ペラがむき出しになっていないこと=カバーで覆う?
・ペラの風切音が小さいこと=ギアダウン?
・低燃費=4mmモータ?
色々考えると発泡スチロールの機体では実現しそーにありません。
となるとフィルム機になりますが作る技術ノウハウもありません。
そんな簡単にシロウトさんが作れるもんでもないのは分かってますが、なんかラクして・・・じゃなくて誰でもできる方法で超スローフライトできないものか・・・。

Bokky141207 (1)small
フィルムはハードル高いのでその辺にあったポリ袋で滑空できないか実験しました。
とにかくやってみないとわからないですから!
いまだに右巻きで落ちるマスタングにポリ袋を取り付けて実験~!
はい、見事にグルグル回って落ちました。
でも、ポリ袋に風を送った方がよいのか抵抗にした方がよいのかちょびっとわかりました。
超スロー安全安心フライト機までの道のりは果てしないです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR