ミニF-14トムキャット 板機その1

板機のミニF-22ラプターは立体バージョンの登場で出番がなくなりそーです。

Bokky141130 (4)small
まぁ初めてのグリフワ機なのでデキも紙飛行機レベルでした・・・。
一番よく飛ぶ鉄板機なので(軽いから?)取っておきたいのもあるんですが、やっぱり板でもラプターよりトムキャットを飛ばしたいんですよね~。

Bokky141130 (1)small
とゆーことで、トムねこの板バージョンにメカを載せ替えることにしました~。
まぁ縦機動マニューバのクルビットができないのが機体の形状なのか重量なのかモータ位置なのかを確かめたいのもあります。
板機は型紙を切り出すだけなので簡単ですし!
まずは立体のトムねこの型紙を流用します。

Bokky141130 (2)small
立体トムねこでは削り出していた機首とエンジンの板パーツ用型紙を新規で作成。
機首は短めで設計したんですがバランスが悪いので、この後20mm延長しました。

Bokky141130 (3)small
大体切り出し完了~。1時間くらいでパーツができるなんてラクちん!
まだエンジン上下のフタパーツができてませんけど、これは組みながら寸法測ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR