ミニF-14トムキャット その3

とにかく水平垂直といった基準面がない機体なので組み立てながら調整するしかありません。

Bokky141122 (9)small
とりあえずエンジンを主翼に取り付けました。
細長い小トトロに見えますがエンジンです。

Bokky141122 (10)small
ストレーキも接着します。
この部分はエンジンがナナメに取り付けられるのと主翼からエアインテークまでのラインでRになります。
こーゆーのにコダワらなければ板モノ機で良いのですけど。

Bokky141122 (11)small
左右のモータ、ペラの逃げはストレーキにも穴を開けないといけないので位置合わせが大変。
と、ここで水平尾翼のリンケージをどう引こうか考えました。
前にはペラ、横にはエンジンがありサーボを置く場所がありません。
うーむ、やはりヒンジ式のリンケージはムリそうです。

Bokky141122 (12)small
しょーがないので実機同様に水平尾翼全体を軸で動かすことにします!
エンジン内部にパイプを付けて・・・。

Bokky141122 (13)small
カーボンロッドを貫通させてエンジンとエンジンの間から引っ張ろうかと・・・。
可動部分が増えると故障個所が増えるのでできるだけシンプルにしたいのですけど。

コメントの投稿

非公開コメント

うんうん、可変翼にするのですね?
それがいい。うんうん。

No title

隊長さん、おはよーございます!
墜落すると可変翼になるハズで〜す!
過変翼かも…?
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR