卓上スチロールカッター製作

卓上スチロールカッターを作ってみました~。

Bokky141115 (1)small
で、でかくてフレームに入らない・・・。
今まではダイソーの電池式ハンディスチロールカッターを使ってたんですが、板モノを切り出すに断面がナナメになったりしてました。
卓上なら垂直に切り出せますからね~。

Bokky141115 (3)small
製作費は700円。
発泡スチロールやプラを削るのは慣れてるんですが木工はニガテです。
ネジとボンドでなんとかカタチにしました。
ニクロム線はタルみ防止のためバネでテンションをかけてますが細い木なのでタワんでしまった・・・。

Bokky141115 (2)small
下側には穴を空けてニクロム線を通してます。
台に触れても問題ないかと思いましたが熱が逃げるのもイヤなので浮かせてます。

Bokky141115 (4)small
早速、試し切り!
ん~、垂直に切れますね~、満足!
ダイソーのやつは1機切り出すとすぐ電池切れしてましたが安定化電源になったのでエコです。
電流設定もできるので切れ味も調整できま~す。

さて・・・どこにしまおう?(汗)

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ。

初めまして。ゆあと申します⑅◡̈*私も発泡スチロールを切り出してハンドメイドしたりするので、上手く切れる方法をググってたらこちらを見つけました。この記事にある卓上のカッターは、どのような構造になっているか教えていただけませんでしょうか?私も同じような物をぜひ作ってみたいと考えています。宜しくお願いします!

構造について

ゆあさん、初めまして!
遊びに来て頂きありがとうございます!
木材を組み合わせ、ニクロム線を貼るバネを仕込んだだけの単純な構造です。
下側の穴の下には金属棒(ネジ等でも可)があり、それにニクロム線をネジって輪っかにして通してあります。
画像には電源が映ってませんが別途必要となります。
ニクロム線の長さによって電圧電流が変わりますので、調整可能なもの(安定化電源やスライダック)がよいと思います。
ポイントはニクロムの張りで、熱したときでもピンと張るぐらいにバネを調整すると曲がらずカットできます。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR