FC2ブログ

AR.Drone電飾その3

AR.Drone電飾ですが、やっとロータのリング状発光に成功しました!


撮影助手もキケンを省みず安定した持ち方ができるようになりました。
ワタシならコワくて空中でAR.Droneを持つなんてできません。
おやつをいっぱい与えておくことにします。

Bokky110501002_convert_20110501090520.jpg
さて、電飾その2で蓄光テープの発光が暗かったので、紫外線LED(UV-LED)を使うことにしました。
高出力紫発光ダイオードOSSV511A
波長約400nm 出力45mW/sr
秋月電子さんで2個100円。
HPでは「紫外線LED」と書いてありましたが、届いた説明書には「紫LED」と書いてありました。
まぁ波長も400nmなのでビミョーにUVではないのですが、白色よりか紫外線を出していると思います。

Bokky110501001_convert_20110501090459.jpg
デジカメで撮影すると紫の波長が映りにくいようで、青色に見えますが実際はもっとアヤシイ紫色で発光しています。
もっとUV寄りのLEDも購入可能ですが、1個200円~1000円ぐらいとオモチャに使うには高価です。
夜間飛行でのボトムカメラ画像鮮明化も考慮して、電飾その1~2で搭載した白色LEDも生かして下向きに装着しました。
合計8個のLEDが追加されて、品の無い感じになりましたが実用性を考えた電飾です。

Bokky110501003_convert_20110501090543.jpg
問題の蓄光効果ですが、バッチリです!
ロータ回転時にLEDの上を通る一瞬しか紫外線を浴びませんが、かなり明るくなりました!
部屋を真っ暗にして飛行させても緑のリングが視認できます!

白色LEDを下向きにした効果も大きいようで、ボトムカメラの姿勢補正機能がちゃんと働いています。
指向性も高いので操縦していてまぶしい感じもあまりありませんでした。

紫外線LEDは長時間見ていると目によくない(全てのLEDがそうですが)ので、指向性の高いものを選びましたが蓄光テープの一部分しか照らしてくれません。
LEDとテープの位置関係でもっと明るくできそうです。
屋外ハルやマーカーは蛍光塗料なので紫外線でうっすら発光します。

ちなみに他のヘリやドリフトカーにも同じような作業を施して、電飾したいと思います~。

tag : AR.Drone 改造 電飾 mod light LED UV

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR