ミニF-22ラプター その2

最初に作ってみたスパン19cmの試作機は翼面荷重が10g/dm2近くになってしまったので作り直します。
翼面荷重は5g/dm2代にしたいのでメカの重量を考えると翼面積は4dm2近くにする必要があります。

Bokky141103 (1)small
方眼紙に線を引きながらマス目を数え(1cmのマスが0.01dm2)、400個ぐらいになるよう機体のデザインを決めます。
途中で間違えたりするとやり直しの地道な作業です。
(indyさんにソフト使えばいーのにと言われましたけど)
結局、翼面積は3.95dm2になりました。

Bokky141103a (1)small
板機なので型紙さえできちゃえば切り出してメカを載せて接着して完成~!
ミニF-22ラプター
全長 315mm
翼長(ウィングスパン) 240mm
重量 22.33g
翼面荷重 5.65g/dm2
モーター Φ7x16mm コアレスブラシモータ x2
コントローラ Deltang Rx34d
バッテリー 1S 3.7V 200mAh Li-Po

Bokky141103a (2)small
スパンをなんとしても25cmを切りたかったので24cmとしました。
その分長くなっちゃいました。
今回グレーの発泡ブロックを使いましたがマダラ模様でキモチわるい・・・。
色を塗らなくてもそこそこ軍用機に見えるのでいーことにします。

Bokky141103 (6)small
モータの位置にサーボを寄せて重心をモータカンの場所に集めるようにしました。
カンザシのカーボンロッドはΦ1.5mm、主翼前縁の補強はΦ1mmです。

Bokky141103 (3)small
機体のみの重量は17.14gでした。

ではテストフライト~!
バッチリです!
ロールにクルビットと自由自在~。楽すい!
スピードもゆっくりでコブラもできます。
でっかい尾翼がロールに影響するのかちょっとバレル気味ですが、ここはとしちゃんに教わったディファレンシャルで調整します。マイナス20%ぐらいで試しましたがまだもうちょっと必要かも・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR