たまごエンジン その5

たまごエンジン実験ラストは整流板です。
プロペラ後方の排気側に整流板を付けるとどうなるか試してみます。

Bokky140815 (1)small
まずは平らなポリカ板を設置しただけの状態。

Bokky140815 (2)small
推力は5.40g。これを基準とします。

Bokky140815 (3)small
プロペラの回転方向とは逆ピッチで、角度を浅くした整流板。

Bokky140815 (4)small
推力5.92gと約0.5gの推力アップ!
電池パワーの誤差かもしれませんが・・・。

Bokky140815 (5)small
プロペラの回転方向とは逆ピッチで、角度を深くした整流板。

Bokky140815 (6)small
推力は5.72gと浅い角度の整流板より落ちてしまいました。
空気抵抗が増えたのかもしれません。

Bokky140815 (7)small
プロペラの回転方向と同ピッチで、角度を浅くした整流板。

Bokky140815 (8)small
推力は5.72gと、逆ピッチの角度深い整流板と同じ数値。

Bokky140815 (9)small
プロペラの回転方向と同ピッチで、角度を深くした整流板。

Bokky140815 (10)small
推力は5.86gで同ピッチだと角度が深い方が推力が出るようです。

一番推力が高かったのはプロペラと逆ピッチで角度を浅くした整流板でした。
たまご型でかなり絞った形状なので整流板の効果はあまり出なかったのかもしれません。
小径プロペラだと反トルクを打ち消す効果もどの程度あるかわかりません。

とりあえずたまごエンジンで学んだこと。
・吸気口は大きい方がよい(大きくなくてはいけない)
・排気口も大きい方がよいが吸気側ほど影響はない
・プロペラピッチは浅くても効率がよければよい
・整流板の効果はあまりないかも?
・発泡スチロールを正確な円形にくり抜くのはめんどくさい
・4個作るとジャンボジェットができるがそんな根気はない

コメントの投稿

非公開コメント

No title

整流板を十字とか、ジェットエンジンみたいに羽根がいっぱいとかはどうでしょうか?

以前、小径の風力発電で、ファンネルを羽根の前方ではなく後方に付けた方が効率が飛躍的にアップしたというの見ましたけど、たまごエンジンではどうでしょうか?

No title

vuvuさん、こんにちわ!
アイデアありがとうございます!
整流板自体が負荷になりそうなので、数は2枚にしましたが(実は立体にするのがめんどかったんですケド)増やすと影響ありそうですね〜。
プロペラがプッシャーなので整流板は後方排気側に取り付けて実験してま〜す!タマゴ型は分かりにくいですね(汗)

No title

あ、ファンネルの話は解りづらかったですねぇ~(^○^;)
前(吸気)が小さくて後(排気)を大きくした前後逆だとどうかな?って意味ですぅ~(^_^;)

No title

vuvuさん、こんにちわ!
なるほど!流入速度を上げるってことですね〜!
静止推力と飛行推力がありますので、速度が出る移動体なら効果はあるかもしれませんね〜。
低速な飛行体ではプロペラに入る吸気量が支配的なので、流速を早めたりの細工が難しいのですよね〜。

ひょええー、ダクテッドファンを自作するとは、何たるへんた、、、いやいや素晴らしい!

一般に、ファンとケーシングのクリアランスが重要といわれてますね~♪

No title

クマー隊さん、こんにちわ!
いわゆるNDF(なんちゃってDF)です(笑)
機体を軽く作り、翼面積があればこんなんでも飛んじゃったりするんですよね〜。
クリアランスは削り加工で出してるのでスキマは大きいです…。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR