ぷちP-38ライトニング製作その3

ぷちP-38ライトニングの組立が完了しました~。

Bokky140720 (1)small
上半角付きでエンジン貫通の構造なので角度合わせが大変でした!
双胴機はしばらく作りたくないです・・・。

Bokky140720 (2)small
ヘロヘロだったエンジンパーツですが尾翼と連結したら割としっかりしました。
でも、墜落したら折れそう・・・。

Bokky140720 (3)small
水平尾翼にはカーボンカンザシを入れました。
角度調整できるように接着ではなくヒンジテープで留めてあります。

Bokky140720 (4)small
センパイのぷちF-14トムキャットとの比較。
翼面をもっと取りたかったんですが、ライトニングの形状を維持するにはこの辺が限界です。

Bokky140720 (5)small
ホワイトボディとメカ、バッテリーの全備重量は6.33g。
これに塗装してデカールを貼ると8g切れるかどーかかもしれません。

Bokky140720 (6)small
では塗装準備しまっす。
なんかこのまま飾っておきたい感じ。

コメントの投稿

非公開コメント

良い感じのになってきましたねぇ
デフォルメ感もカワコッコよい^ ^
主翼、尾翼を低発泡スチロールで作れば軽くなるし、軽い分壊れにくいもんですよ。
私は主翼3〜4mmでカーボンロッド0.8or0.5で補強を入れてます。尾翼は
1mmぐらいで補強なしです。
機体も小さそうだから、ボディも肉抜きすれば、まだまだ軽くなるのではないでしょうか( ̄^ ̄)ゞ

No title

きくマンさん、こんにちわ!
色々教えていただきありがとうございます!
次に作る時には主翼はスチレンから発泡スチロール板にしたいと思ってま〜す。
3〜4mmだと強度もありそうですし、キャンバーを入れた翼断面に削ったりもできそうですね!
重くなりがちな後部は薄い板なのですね〜、ふむふむ。
とても、参考になりました!
あとはスライサーをなんとかしないと…(汗)
皆さんの記事を拝見するとまだまだ重いな〜と思います…。
自力離陸が今の目標(夢?)です!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR