Deltang受信機の機能

DSM2コンパチの超小型受信機を製作しているDeltangに注文しようかと思ったら・・・
しばらく見てないうちにずいぶん種類が増えてますが!
Deltangのページ
H-Bridgeが追加になったv5辺りまではフォローしてたのですが型名もv5があったりなかったり?
(ちなみにH-BridgeとはトランジスタやFETを4個H型に配線することで正逆転制御できる回路です)


ビンボーなくせに貧乏性なので一度載せた受信機をおろしたくないし・・・。

よくわからんのでDeltangに色々質問してみたら、サスガ!すぐに回答がきました!
テキトーな翻訳ですので間違っていたらゴメンナサイ。

Rx43dとRx43d-1の違いはなんですか?
Rx43dとRx43d-1は同じ製品です。
両者は現在同じハードウェアを使用しています。
(以前のバージョンはH-Bridgeなし)
Rx43dにはV3ファームウェアが入っています。
Rx43d-1にはv5ファームウェアが入っています。
したがって今の違いはソフトウェアの中身だけです。
v5ソフトウェアの出力は全てユーザが変更できます。
これは複雑ですし、またプログラムメモリに制限があるのでいくつか(の機能)は削除しなければなりません。

無線接続について
DSM2は2つの波長間でホップします。
v3ソフトウェアは両方使用しますが、v5は片方のみ使用します。
v3ソフトウェアはクイックコネクトできますがv5はできません。
したがってv3ではよりしっかりした無線接続ができ、飛行機にはより適しています。
但し、「より適していること」は必要な条件ではないかもしれません。

分解能(ステップ数)
DSM2は1024段階の制度でスティックの位置を転送します。
v3はこれをサーボのために使用します。
v5は精度を256段階に減らしたことにより、プログラムサイズが小さくなっています。
なので、サーボの動作はv5ではあまり精密ではありません。
各チャンネルのトリムでサーボを片方から反対側に動かす場合、大体の無線機では256段階になります。
大半の人にとっては1トリムのクリックがかなり細かいものと感じられるでしょう。
というワケで、この要素はインドアプレーンやクルマをやってる人にとってはたいして重要なことではないと思います。

H-Bridgeについて
v5の受信機のH出力はv3受信機のアクチュエータ出力と同じハードウェアです。
どちらもH-Bridge(A3901)のついたモータドライブチップを使用しています。
2つの出力(H1とH2)はそれぞれに1つのH-Bridgeを使用するのでそれぞれに400mAの電流値です。
1つの出力(H3)ではH-Bridgeが並列になっている別々のA3901を使用します。
なので、H3出力は低い抵抗値と高い定格電流です。
これらは3つともホイールを駆動する陸用のRCを操作するための抵抗のコアレスモータと一緒に使用されます。
車の場合には定格電流がもっと重要になると思われます。

2モーターの差動制御(ディファレンシャルステアリング)
v5にはツインステアがあります。
但し、Rx43d-1のF1+F2は別の目的に設定されています。
2chミックスに変更するために「プログラミング」を行う必要があります。
http://www.deltang.co.uk/rx43d-v510-p.htm
プログラミングでは1回の起動につき1出力のみ変更できます。

最初のシーケンス(F1)は:
menu2(F):2回点滅
F1:1回点滅
2chミックス:2回点滅
ch1(スロットル):1回点滅
50%ミックス:4回点滅

2番目のシーケンス(F2)は:
menu2(F):2回点滅
F2:2回点滅
2chミックス:2回点滅
ch2(エルロン):2回点滅(またはch4ラダー:4回点滅)

以上です。
プログラミングが結構シーケンシャルになって複雑になってますね~。
I2Cみたいなシリアルバスで外付けライタが欲しくなります・・・。

知りたかったのはアクチュエータ出力がPWMできるかということでしたが、結論はOKです。
とゆーかv3ファームウェアのRx43dでもそうだったということですね(HPに説明はないのですが)
要は元々コアレスモータの速度制御用ということらしいです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、David はすぐに返事をくれるので、問い合わせしやすいですよね。
ところで、V5シリーズですが、もともとはカー、タンク、トレイン用に開発され、ウインカーやライト、室内照明、砲塔旋回などのギミックを楽しめるようにしたものだそうです。いろいろな動作に対応できる分、プログラミングが複雑になり、初期ロットでは希望すれば大きな受信機をプログラミング練習用として無料で付けていました。普通のヒコーキや自動車ならV5は使わないほうが楽チンですよ。

No title

motoさん、こんにちわ!
そーですね、Davidはエゲレス英語なので分かりやすいのもポイント高いです!
v5のプログラミングは複雑ですね~。
シーケンス見てるだけで深い眠りに入りそうです。
お願いすればv5でもユーザ用にプログラミングして出荷してくれるらしいですが、ヒコーキならフツーのRx4*シリーズで充分ですよね。
シリアル端子でパソコンと接続してプログラミングできるとラクなんですけど!

No title

うーん、クマー隊は、フランス語とオランダ語しか分からないから、ちょっと手が出せないな~。

No title

クマー隊さん、コニチワ〜!
タイチョサン、ニホンゴも上手のことデスよ〜。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR