FC2ブログ

世界最小!?カードサイズドリフトカーpicoDRI一応完成!

まず3月11日(金)に発生した東日本大震災により、
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様とご家族の方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。

この時期にブログ更新もためらいましたが、ご覧頂いている方々が少しでも
明るいお気持ちになって頂ければと再開させて頂きます。

picoDRIが実走行可能になりました。


ナックルアームを入れ替え、リンケージをアクスルからシャーシ後方に移動。
リンケージはその辺にあったしんちゅう棒(0.9mm)を使用しました。
強度とナックル穴径から1.0mmが良かったのですが手元に3cmしか余ってませんでした。

Bokky110321002_convert_20110321110922.jpg
しんちゅう棒は指でも曲がるくらい加工しやすいので、1本でリンケージの形にしました。
長さ調整はラジペンで曲げてやればOKです。
ナックルははめ込んであるだけなので、ホイールを外してからコジってやれば分解できます。
左右を入れ替えましたが、考えてみれば上下対称なのでひっくり返せばOKです。

Bokky110321003_convert_20110321110937.jpg
Bokky110321004_convert_20110321110952.jpg
フロントにはもうリンケージがなくなりスッキリしました。
サーボホーンは純正そのままでピロボールを引っこ抜き、1.0mmの穴を空け直してます。
サーボ動作角が非常に小さいのとしんちゅう棒がしなる関係で、舵角がかなり小さくなってしまいました。

Bokky110321005_convert_20110321111011.jpg
シャーシは以前よりもフロントとリア部分を短くし、アクスル底部の少し上に固定しました。
これにより最低地上高が2mm程度取れるようになり、じゅうたんの上でも走行可能になりました。

Bokky110321006_convert_20110321111027.jpg
ボディも考えてますが、シャーシとアクスルの高さを考慮しても低いスポーツカーボディはなんとなく載りそうです。
しかしnanoQLO純正ホイールだとトレッドが広いのでこの程度のスケールボディは厳しそうです。
ホイールも検討します。

走行可能になったのでテーブルの上でテストしてみました。
ダメです、舵角が小さ過ぎて以前のテストのようにテールが滑ってくれません。
もっと広いフローリング等の路面でしたらスピードが出るので滑りそうですが、
我が家は全部じゅうたんですし、「テーブルでドリフト」が最終目的です。

舵角を増やすためにはナックルアームのアームを短くするか、フロントに移動するしかないのですが、
ツーリングシャーシでフロントにステアリングリンケージがあるのはカッコ悪いです・・・。
回転数を上げれば少ない舵角でも滑り出しそうですが、ギア類の大幅変更が必要です。
もう少し、無い知恵を絞ってみます・・・。

もちろんグリップ走行には問題ないので、テーブルの上でカードサイズツーリングカーとしては
遊べますが・・・。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR