FC2ブログ

V922 フェザリングシャフト直す

またまたWLtoys V922の修理です~。

Bokky130916002small.jpg
フェザリングシャフト曲がりが多発してスペアが無くなりました(涙)
コイツが曲がると機体のバイブレーションが発生するので、ヤワなジャイロが効かなくなるようです。
ムリに飛ばすと、全く安定せずノーコンのようにフラフラします。
BLADEやWalkeraはこの辺のフライバーレスジャイロのノウハウがあるのでカタチだけマネしてもダメなんでしょうね。

Bokky130916003small.jpg
で・・・安物ヘリのくせに毎回フェザリングシャフト交換してたら修理代がもったいないです。
直せるもんなら直してしまいましょ~!
ペンチと万力で曲がったシャフトをグイっと!

Bokky130916004small.jpg
上が修正品です。
うーん、まだビミョーに曲がってる気が・・・。

Bokky130916005small.jpg
機体に取り付けて回してみましたが、やっぱしまだ曲がってました。
中央のヘッドが偏芯してますよね~?
しょーがないので、また外して何回か修正~。
なんか、コツが掴めてきました。

Bokky130916006small.jpg
コレならどーでしょ!?
もう偏芯してないですよ~!
曲がっても修理できるよーになりました!
フェザリングマイスターの称号がもらえるかも?

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Bokkinenさん、こんにちは

成程ぉ~、回転状態での写真なんですね~
確かに、ヘッドのブレで修正の度合いが判りますね!

私は、何故か、どの機体もフェザリンクシャフトが曲がったことがありません。(^_^;)
まだ、背面で飛ばせないからでしょうかぁ~(爆)

No title

vuvuさん、こんにちわ!
ワタシはどの機体も大体フェザリングシャフトを曲げてますね〜!(笑)
確かに背面から落とすと曲がりやすいんですが、V922の場合だけは離陸でコケて曲がります(涙)
変なドリフトを何とかしたいですね〜!

V922 のドリフト

Bokkinenさん、こんにちは

離陸時のドリフトって、回転方向じゃなくて、横滑りの事ですよね?

バインドのタイミングが早いので、バッテリー繋いだらすぐに地面に置く必要がありますね。

あと、メインギヤが抜けかけてメインシャフトの上下方向にガタがあると、
いきなり横滑りしますねぇ~!

V922はサーボリンケージ周りの構造が単純なので、スワッシュの水平とゼロピッチさえ合わせれば、素直に上昇すると思うんですけど・・・

ドリドリ

vuvuさん、こんにちわ!
V922のドリフトは必ず左後方向に発生します。
バインドは地面に置いてますし、マストの抜けもチェックしてますが、コレはジャイロの問題だと思います!

BLADEやWalkeraは離陸時に一瞬テールが左に回りますが、瞬時に元の位置に戻ってキャリブレーションを終了してます。
V922はこの処理が遅いので、スキッドが地面を離れても左に回ろうとしてるのではないでしょか?
D/RやEXPを落とせば緩和された感じがしますね〜。
手投げだとほぼジャイロがおかしくなって飛ばないです。
個体差ですかね〜(涙)

V922のドリフト

Bokkinenさん、こんばんは

成程・・・

V922 の場合、メインローターが止まっている状態から一気に回すと、テールの反応が遅くて
270度くらい回りますね。
一旦、浮上しない程度に回してからピッチを入れると、テールを抑えてくれます。

ある程度、メインローターをゆっくり回してから浮上した場合はどうでしょうか?

手投げは・・・確かに難しいですねぇ~(^〇^;)

No title

vuvuさん、こんにちわ!
色々ご教示頂いてホントにありがとうございます!
V922は離陸の際には浮くか浮かないかぐらいアイドリングしてからTHROを上げてるんですが、同じなんですよね~(涙)
もう少しヘッドスピードを出してからピッチが入るように調整してみます!

V922 のドリフト

Bokkinenさん、こんばんは

ん~・・・
となると、やっぱりメイン基盤を換えてみるというがアリかも知れませんね~(^_^;)

私の場合も、エルロン方向にサーボが動かないなんて事がありましたし、
サーボ関係の設定や調整が全くできないですからねぇ~

No title

おおー、最後の写真、きれいに回ってるー!

しかし、動画を見ると、、、フリップ激速ですねー!!!

No title

ウチの922も、walkera機ほど芸術的に離陸はしませんが、ジャイロ初期化時にスキッドがふんにゃりして傾いたとき以外は特に離陸でコケるということは無いです。ラダー方向に回転する不安は全く無いですね。
離陸の難しさで言えばnano君と同程度ってイメージです。(つまり簡単だけど低空ホバは不安定なので避けたい)

V922の純正TXのカーブの影響もあるかもしれません(始動からスロットル中央までわずかにマイナスピッチが入ってるので、回転がかなり上がるまで離陸しません)

No title

vuvuさん、こんにちわ!
コントローラ基板はTurnigyのがあるので、交換して試してみます〜。
離陸の瞬間以外は全く問題なく飛ぶんですよね〜謎。
せめてボリュームでも良いのでジャイロゲイン調整ができれば良いのですが!

No title

クマー隊さん、こんにちわ!
なかなかブレを表現するのって難しいですね〜!
隊長さんみたいに完全制御下には程遠いです…。
パワーは満足なんですけど!

No title

sachihoさん、こんにちわ!
NCPXの離陸ぐらいなら問題ナシですよね〜!
飛んでしまえば安定してるので、メカ系じゃなさげです。

京商さんの付属送信機X-6Sを確認してみたところ、デフォルト設定でL-1ポジション辺りのスロットルとピッチカーブが変えてありました。
これはやはり機体特性から設定してあるのだと思います。
プッシュロッドの個体差やモータ回転数バラツキを考慮すると、この辺の調整が必要かもしれませんね!
ノーマルモードはピッチを落としてヘッドスピードを上げてみま〜す!
ありがとうございました!

フェザリング・シャフト等

Bokkinenさん おはようございます。
失礼を省みず、長文の投稿です。お許し頂ければありがたいです。

1 フェザリング・シャフト
  鳥の個々の羽根を良く見ますと、付け根から羽根の先端まで伸びる1本の幹があり、これをフ  ザリング・シャフトと呼ぶのだそうです。しなやかで軽く、かつ強靭でなければならないことがよく 分かります。

  RCヘリにおいても、2枚ブレードのヘリでは、ブレードを連接するパーツをフェザリング・シャフト と名付けられていますが、まさにフライトには重要なパーツの一つです。
 
  ほんのわずかな曲がりでもフライト性能に影響が出るようですから、精神衛生上、新品と交換  した方がよさそうです。

  また、フェザリング・シャフトの止めネジが緩むことがありますが、ロックタイトの使用は避けるべ きだと思います。余分な液がにじみ出してベアリングにでも入ったらアウトです。

  NanoCPXのフェザリング・シャフトのネジもよく緩みますが、私の緩み防止策として、ねじ込ん だ後、ちょっぴり顔を出しているネジの頭へ「弾性接着剤」をほんわずか塗布しています。数百回 のフライトでも緩みません。

2 マイクロ・ヘリの離着陸方法
  ソフト(スロー)スタート法をご存知でしょうか。スタント(アイドルアップ)状態で離陸させるのです。
http://www.youtube.com/watch?v=2ZLDUmzpy7w&feature=player_embedded

  BladeヘリのESCにはこのソフト(スロー)スタート機能が組み込まれているとのことです。DCモ  ーターでは特に、スタート時は大きな電力が供給され、大トルクを発生させるといわれており、モ

 ーターへの給電をソフトに(ゆっくりと)行って、ギヤトレーン、モーター、ESCへの潜在的なダメー  ジを防止する機能だといわれています。

  実際、私の場合、NanoCPX、mCPX V2、130Xこれらすべて、離陸時は次の要領でソフト・ス  タートで離陸させています。離陸時にコケタことは一度もありません。

(1)前提
  スタントモード時のスロットル出力は95%以上であること
  スタントモード時のMidスティックでのピッチ角はゼロ度に設定
  私の設定例:スロットル・カーブ(スタント)
      100%、100%、100%、100%、100%
      ピッチ・カーブ(スタント)
      10%(-12°)、30%(-6°)、50%(0°)、70%(+6°)90%(+12°)

(2)離陸要領
  ア スロットル・ホールドをオン
  イ スタント・モード1にセット

  ウ スロットル・スティックを中央やや下側にセット(マイナス・ピッチ)
  エ スロットル・ホールドをオフ

  オ ブレードが回転を始めますが、約6~7秒間はテーク・オフさせません。
   (実験して分かったことですが、メイン・ブレードが回転し出してからホバリング可能な回転数   に達するまで6~7秒間要しました。)

  カ メインブレードの回転数がホバリング可能な回転数に達したならば、スロットル・スティックを    75%ぐらいにまでスーッと上げてテークオフさせます。


以上です。


No title

藪 丈二さん、こんにちわ!
いつもご丁寧な解説ありがとうございます!
フェザリングシャフト(メーカによってはスピンドルシャフト)は飛行性能に影響する重要なパーツですよね。
NCPXだと曲がっても影響が出にくいのですが、V922はすぐジャイロに影響します。
他のパーツはガタだらけなのに…。

大きいヘリだとブレードが重いのでスロースタート機能がESCにあるみたいですが、BLADEシリーズにもあるんですか!
つまり、スロットルホールドからいきなり100%程度になっても、ESCの方でスロースタートにしてくれるんですよね?
存じませんでした!
これだとご教示頂いたようにスタントモードからの起動が可能になりますよね!
モード切り替え忘れてフリップで落とす悲しい事故もこれで防げます(笑)
スロースタート未対応の安いヘリの時には同じことをやらないようにしないといけませんが!
とても勉強になりました、ありがとうございました!

RCFan掲載記事

Bokkinenさん こんにちは

追伸です。
来月4日発売のRCFan11月号に、拙稿が掲載される予定です。
題して、「JRPROPOとBladeヘリのコラボレーション」です。

初心者が初心者に対しての、マイクロヘリの調整法をまとめてみた記事です。
本屋で立ち読みでもしていただければ光栄です。

楽しみです!

藪 丈二さん、こんにちわ!
雑誌へ執筆されるなんてすごいですね〜!
これを機にJRさんも本気でBLADEヘリを販売して頂けると嬉しいのですが!
DSM2専用送信機も国内販売になれば強いですよね〜。
RCfanの発売日を楽しみにしてます!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR