FC2ブログ

フライングデルタ RC化その2

フライングデルタのラダーはアクチュエータなのでサーボで動かすには改造が必要です。
DeltangのRx4*シリーズ受信機ならアクチュエータもドライブできるのですが、サーボコネクタが付いているものが無いので今後の流用を考えてRx33にしてます。

Bokky121117007small.jpg
尾翼を分解しましたが、アクチュエータだけを外すのは難しそうです。
もしサーボのトルク不足があった際には戻したいので、別に尾翼を作成することに。

Bokky121117008small.jpg
弁当屋のご飯が入っていた発泡トレイを切り出します。
発泡系マイクロプレーンは材料費がタダなのが良いですね~。
ちなみにほっともっとのカレーのご飯用トレイは軽量で超丈夫なのでオススメです。
スパイシーな香りも楽しめます。(実際、ニオイはしませんけど)

Bokky121117009small.jpg
ニクロム線カッターを使わなくてもカッターとハサミで切れます。
ラダーはヒンジテープで尾翼に貼り付け、ケダモノ3Dの壊れたハネからホーンを流用しました。

Bokky121117013small.jpg
サーボは重量バランスと見た目を考えて機体下側に配置。
リンケージは穴を空けて引き回しました。
もっと細くて軽量なリンケージが良いのですが、とりあえずミニッツのアンテナを使用。

Bokky121117015small.jpg
純正が7gに対して、RC化後は8g!
赤外線ユニットを外したとはいえサーボも載って1g増は上出来です。
実は改造前に2gの増加まで飛ぶことは確認してありました。

Bokky121117014small.jpg
フライングデルタRC化完了っ!
重たいPCM9Xで飛ばすのはなんか妙な感じですね~。
今回、インドアプレーンについて色々勉強させて頂きました。

・・・飛ばしてみたのですが飛行時間が異様に短いです。1分ぐらい?
やはり最初から付いていた極小容量(見た感じ30mAh?)のLi-Poだとサーボを駆動し続けるのは苦しいのかもです。
素直にアクチュエータ用のDeltang受信機を買うか、重量増覚悟でLi-Poを大容量化するか悩み中です。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おお、おもしろそー!
このサイズだと、アクチュエータで逝ったほうがいいですかね?

No title

サーボは電気食いますんで、このサイズはアクチュエータですね〜。
DeltangだとRx4*シリーズならどれでも使えそーです。
水上戦車に移植できるかも!(笑)
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR