FC2ブログ

BLADE mCP X 修理その1

mCP Xは世界最小クラスのCP機なので、小さい分だけパーツが細く弱いです。
リンケージは今までに5本以上折りましたし、メインギアが割れたりメインシャフトのベアリング紛失もありました(ヘタなだけ)
WalkeraのGenius CPのように壊れにくさをウリにしているマイクロCP機もあるのですから、ぜひ改良バージョンのV3でも発売して欲しいです。

Bokky120818007small.jpg
・・・とグチっていたらスワッシュのボールがモゲました(涙)
直径1mm程度の樹脂部品ですから折れないハズはありません。

Bokky120818008small.jpg
また間違いなく折れるでしょうからアルミパーツに換えておきます。
とゆーか、間違いなく折るだろうと思っていたindyさんが買っておいてくれました(笑)
RAKONHELI製
CNC Swashplate and Collar V2 w/Steel Ball (Red) - Blade mCP X
$26.99

Bokky120818009small.jpg
RAKONHELIのパーツは相変わらずアルミ加工精度がとても良いですね~。
ピロボールはガタもなく渋いこともなくキッチリ装着できます。
レーザーマーキングもカッコいいです。
飛行中にこの文字が読めるぐらいになれば3Dとかもできるのでしょうか?(ないない)

Bokky120818001small.jpg
ついでに買ってあったテールサポート付スキッドを装着しました。
XTREME MCPX007 Landing Skid

Bokky120818002small.jpg
純正は1g以下ですが、XTREME製は4gなので約3gの重量増です。

Bokky120818004small.jpg
ずいぶんスキッドの底部分が広くなるのでランディングは安定するかもしれません。

Bokky120818005small.jpg
着地用のパーツ(名前わかりません)が鉄らしき金属なので重いです。

Bokky120818006small.jpg
純正テールロッドは割と安っぽいカーボンパイプなので、テールサポートを付けて若干捩れが少なくなりました。

飛ばしてみましたが、純正よりテールの押さえが良くなった気がします。
重量増を心配していましたが、一応アップフリップはできましたし背面方向からの戻りであっちこっち行ってしまう現象も多少改善しました。
ただ、130Xに比べるとパワーが物足りませんね。
姿勢を崩した後のリカバリーは130Xでは割とパワーで戻せるのですが、非力なmCP Xは正確な舵を当てないとなかなか戻りません。
もちろん正確な舵なんて当てられませんので墜落すると、大体どっかしら壊れます。
なんか修理ばかりしていてオモシロくないので、やはり130Xをメインで飛ばして練習することにします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR