FC2ブログ

WALKERA QR Ladybird

WALKERA QR Ladybird
ワルケラQRレディバード

Bokky120603002small.jpg
WALKERAの超小型6軸ジャイロクアッドコプター、QR Ladybirdです。
DEVO7送信機セットのRTFで19800円でした。
スペックはこちら。
 全長 85mm×85mm
 ローター直径 55mm(実測)
 重量 24g(バッテリー含まず、実測)
 バッテリー 3.7V 240mAh Li-Po

Bokky120603004small.jpg
むちゃくちゃ小さいです!
デザインはテントウムシですがキャノピーはホンモノのカブトムシぐらいの大きさです。
QR Ladybirdが初ワルケラとなりました。

Bokky120603005small.jpg
後方から見たところ。
あんまし前も後も変わりませんね・・・。
飛行中の視認性アップのため、後方がオレンジのプロペラになってます。

Bokky120603006small.jpg
裏返すとキャノピーより更に小さいバッテリーホルダーを兼用したメインフレームが見えます。
コネクタがかなり硬いので接続してからホルダー部分にバッテリーを入れた方が良いです。

Bokky120602001small.jpg
RX2634H-Dレシーバー基板は25mm×25mm!
ここに6軸ジャイロセンサとCPUと受信回路が搭載されているんですからスゴイですね~。
画像の上が前方になります。
前方にジャイロ調整用のボリュームが実装されています。
左側にあるコネクタは前方側が外部カメラの電源用で、後方側がバインドプラグ用です。

Bokky120603008small.jpg
プロペラはギアダウンではなく7mm径コアレスモーターの軸に直結です。
モーターへの負担はかなり大きいでしょうから寿命は短いと考えてます。

Bokky120603009small.jpg
モータースリーブはシルバーに塗装された樹脂となっています。
QR Ladybirdは大きく分けて3バージョン存在します。
ファーストバージョンは6軸ジャイロ固定でリミッタで制限されてフリップ&ロールができなかったようです。
ワタシの購入したセカンドバージョンはノーマルモード/ロールモードがあり、ロールモードにすると3軸ジャイロになるようでフリップ&ロールができるようになりました。
最新のV2.0はモータースリーブのランディング部分がゴムになっていますが、その他はセカンドバージョンと同じだと思います。

Bokky120602003small.jpg
Bokky120602004small.jpg
レシーバーのLEDが赤点灯でノーマルモード、緑点灯でロールモードが判別できます。
DEVO7送信機では右上にあるフライトモードスイッチで飛行中にモード切換が可能です。
WK2402D送信機は電源オン時にスティックで設定しますので飛行中のモード切換はできません。

Bokky120603001small.jpg
我が家のクアッドコプターたち!
A.R Droneからハマったクアッドコプターですがいつの間にか増えてました(笑)
QR Ladybirdがダントツに小さいですね~。

Bokky120603003small.jpg
DEVO7送信機です。
技術適合シールが貼られた日本国内仕様です。
ワルケラの機体はワルケラの送信機しか使えません。
狭い我が家でプロポを増やしたくなかったのですが、Devention(DEVO)シリーズに統一されてきたので今後はコレ1台で飛ばそうと思います。

Bokky120602002small.jpg
早速、グレーのキャノピーに交換しました!・・・があまりカワイクないです。
海外ではブラックエディションなる黒いキャノピーもあるようですね。
BLADE mQXは前方をオレンジプロペラに変更しているので、それに合わせて前後のプロペラを交換しました。

QR Ladybirdはテレメトリー機能があり、レシーバーからも電波を発信することができます。
日本国内の電波法ではまだこのレシーバーが認証されていないようです。
AIR STAGEさんから発売されている商品はHPにファームウェア変更でレシーバーから電波を発信しないようにしていると明記されています。
ワタシが購入した洛西モデルさんはHPに説明がなかったので問い合わせたところ、輸入代理店(K&Sさん)の方でアップデートして電波を発信しないようにしているとのことでした。
これで安心して飛ばすことができます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先日一緒にQR Ladybird飛ばせたら良かったんですけど、入院中でしたね。
でも、早急に復活したみたいで良かったですね!
BLADE mQXよりも機敏で良い感じですが、機体が小さくて見失ってしまう時ありますね(汗)
音はプーンと虫みたいな音で、てんとう虫デザインとあっているのかも。
グレーのキャノピーは微妙かも...

No title

indyさん、こんにちわ!
入院して検査してもらったので、確実に変なモン出してないのが分かって良かったです(笑)
次回は2機で群れで飛びましょ!
しかし、この音と小ささで飛ばすと完全に虫ですね~。
indyさんと見分け付くよーにグレーにしましたが、害虫みたいで駆除されそーです(涙)
次のバージョンでは地上を歩く機能が欲しいっす。

No title

こんばんは。tiger22です。

AIR STAGEさんも洛西モデルさんも、機体のテレメトリーを殺しているということですか・・・。

そんなファームウェアが存在するなら、我々はワルケラからそれを直接入手して海外から購入した機体のファームウェアを変更して飛ばすことが可能になりますね。その方がずっと安い。
これは一度ワルケラと交渉してみる値打ちがあるかもしれません。(^^)

それはそれとして、AIR STAGEさんは一方でテレメトリー送信機を販売しているのですから、どうもその対応は好ましくないですね。送信機はテレメトリーを売っておいて、機体の方はテレメトリーでない。つまり、その送信機はテレメトリーである必要がないということになりませんか。

なかなか、むずかしい問題ですね。
しかし、消費者が結局はバカにされてるいようにも思いませんか。(^^ゞ


No title

tiger22さん、こんにちわ!
実は洛西モデルさんで購入した後でテレメトリーについて確認したところ、アップデートするのでメーカーに送り返して欲しいと言われました。
戻ってきた機体には何の証明書も連絡も無かったので、問い合わせたのですが、「電波を止めた」という返事とDEVO8Sの画面がinhibitになった画像が送られてきました。
スペアナまで測定したようです。
AIR STAGEさんも含めて、販売店さんの止めているという言葉を信じるしかないのが現状ですねぇ。

個人でFWの書き換えができてしまうと、出力を上げたりもできるでしょうから難しいですね~。

AIR STAGEさんはMINI CPのレシーバー側も認証を取られているようなので、Ladybirdレシーバーも認証待ちなのかもしれませんね。
それならそうと明記して頂ければ、認証された機体を購入したい方もいらっしゃるでしょうに…。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR