FC2ブログ

Anderson M5 バッテリー収納

なんかマニアックなバイクラジブログになっておりますがご容赦下さい・・・。
M5の注意点として、バッテリーケースが小さいことが挙げられます。
現在主流のLi-Poハードケースだと、ケース自体は収まっても側面から出たケーブルがホルダーに入りません(涙)
小さめのソフトケースバッテリーを使ってましたが、大容量のハードケースを搭載するために改造しました。

Bokky120217010small.jpg
まずはバッテリーケースを削ります。
真四角なハードケースLi-Poを収納するためにケースのフタ部分の角をリューターで削りまくりました。

Bokky120217011small.jpg
反対側に貫通するほど削りましたが何箇所かで支えているのでバッテリーが脱落することはないでしょう。

Bokky120217012small.jpg
シャーシ側(本体側)にもバッテリースペースに出っ張りが出ています。
これはチェーンの逃げになっているようですが、ジャマなので削っておきます。

Bokky120217014small.jpg
側面からケーブルが出るタイプのLi-Poは収納不可能なので、ヨーロピアンコネクタタイプを選びました。
Li-Poの上面からプラグが出る形状なので、バッテリーケースの上面に穴を空けました。

Bokky120217013small.jpg
バッテリー側から見るとこんな感じです。
シャーシブレースがまたジャマなところに配置されているので、それを避けながら穴を空けます。
走行用のヨーロピアンコネクタ-ディーンズTコネ変換ケーブルを画像のように入れます。

Bokky120217015small.jpg
これでやっと大容量ハードケースLi-Poが収納できました!
我が家では最大容量の6000mAhです。
今まで4000mAhを使用してましたので走行時間は15分程度でしたが20分ぐらい遊べるようになりました!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR