FC2ブログ

週刊3Dプリンタでラジコンボディを作る第3号

ボディも大体できたので、小物パーツを作っていきます。

Bokky200330 (1)small
まずはジェリカン。
昔の戦車プラモなんかを作っていた方ならお分かりかと思いますがガソリンタンクです。
ココはミリタリーモノとしては基本なので結構細かい設計でしたがベルトバックルまで再現してみました。

Bokky200330 (2)small
スペアタイヤカバー。
なんか地味すぎて北海道カマンベールチーズと間違えられそうなのでちょっと工夫してみます。

Bokky200330 (3)small
今回、初めてとなりますが2D画像を取り込んで3Dにする方法をやってみましょう。
ネット上で方法を紹介されている方がたくさんいらっしゃるので、備忘録として書き留めておきます。
まず立体にしたい図や文字のデータを用意して、白黒の2値化データにします。
レンダリングソフトでパスを切り出しますが、今回はフリーソフトのGIMPでやってみました。
【選択】→【色域を選択】→マウスで画像をクリック
【選択】→【選択範囲をパスに】
【ウインドウ】→【レイヤー】→作成されたレイヤーを右クリックで【パスのエクスポート】
拡張子をsvgにして保存。
お使いの3D CADによっては色んなファイルを直接インポートできるのかもしれません。
画像をインポートしてから立体化して切り取ったデザインをプリントしたのがこんな感じです。

Bokky200330 (4)small
はい、今回はジープっぽいのを作ってます。
グリルが付けばなんとなくボディに見えてきました。(個人の感想です)

Bokky200330 (5)small
ライトはお皿のような形状にしたかったんですが積層したらコントに使うぶ厚いメガネのよーに・・・。
まぁそのうち透明なパーツをどっかから流用しましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR