FC2ブログ

EACHINE WT50充電器

暖かくなってくると外で遊びたくなりますよね~。
もちろん飛行機を飛ばすのも楽しいんですが、地べたを爆走するのもストレス発散に最適!


爆走オフロードラジコンを引っ張り出してメンテしましょう。
とにかくムチャな使い方をされる連中なのであちこちガタも来てますがまだまだ現役。
このテのラジコンは結構製造中止になっててパーツ入手も大変だったりしますが。飾っておくモノでもないので大胆に壊・・・いや走らせます。

Bokky190413 (2)small
とはいえ、しばらく使っていなかったLi-Poはほとんどがお亡くなりになってます。
使えそうなのをかき集めて充電しますが、高価な容量のデカいバッテリーほど膨らんでたりするんですよね~。
生き残った小容量バッテリーを現地(屋外)で充電して使うのが一番安上がりです。
軽めのAC/DC充電器を探してたんですがコレを買ってみました。
EACHINE WT50です。

Bokky190413 (3)small
ケーブル無しの重量は約340gと、ACも使える充電器としてはかなり軽量。
コレ1台でLi-Po/Li-Fe/HV Li-Po/Ni-MH/Ni-Cd/Pbが全部充電できます。
一応1Sも充電できるみたいですがケーブルを作らないとかもです。
まぁ1S充電器はEV-PEAK E6があるので2S以上用にします。
屋外なら電源は12Vでもよいのですが非常用のインバータ電源を持ってるのでACで使います。
(結局コレが重いんですけど)

コメントの投稿

非公開コメント

充電器のディスプレーについて

こんにちは
ご活躍のご様子、何よりです。

ちょっと充電器のことで教えてください。

一番下の写真のディスプレーですが、下の欄は、左から、バランス充電、充電経過時間、充電容量と、どのメーカーも同じようですが、この「充電容量」若しくは「放電容量」とはなにか、どのように見て、利用すればよいのかお教えいただければ助かりますが。

不勉強ですが…

藪 丈二さん、こんにちわ!
毎日仕事に追われ、活躍などからは程遠いです(笑)
最近の充電器は技術的に飽和したのか、開発者が飽きたのか分かりませんが機能や操作性が同じになって、むしろユーザーは助かってますよね。
充電容量はただ単にバッテリーの公称容量に対して何Cで充電するもの、放電容量は実使用での放電レートではなくバッテリー保管のためだと解釈しております。
地べたを走るレースなどやっていたこともありますが、Ni-cdやNi-MHだとバッテリーマネージメントが勝負を左右しますので、その辺から充電器に色々な調整モードがあるのかもしれません。
逆にリチウム系だと保管状態で劣化するのをなるべく防ぐ用途なので、なるべく性能を保持するような機能が充電器に求められている気がします。
あくまで個人的主観ですのでお聞き流し下さい。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR