FC2ブログ

RC鷹

やわらカモメシマエナガちゃんと最近トリシリーズがマイブームですが、今度は鷹を作ってみました。

Bokky190326 (1)small
RC鷹(タカ)
全長 260mm
翼長(ウィングスパン) 500mm
重量 30.32g
翼面積 4.0dm2ぐらい(主翼のみ)
翼面荷重 7.58g/dm2ぐらい
モーター Φ7x16mm コアレスブラシモータ x2
コントローラ Deltang Rx34d
バッテリー 1S 3.7V 240mAh Li-Po

Bokky190326 (3)small
ハネの模様を鷹斑(タカフ、タカブ)と呼ぶらしいですが、油性ペンで塗り塗りしました。
筆塗りの方がそれっぽくなったかもですが、EPPは絵の具の食いつきが最悪なのでペンで描いた後に水性シリコンで塗装しました。
主翼端は捩り下げになっていてΦ0.3mmステンレス線で形状を固定しています。

Bokky190326 (2)small
鷹みたいなトリはアタマが短いので重心を取るのが大変でした。
アタマの中はバッテリーが詰まってます。
最初はやわらカモメのよーに垂直尾翼ナシでいきたかったんですが全くバランスが取れませんでした。
仕方なく尾羽をVテールにしてます。
鳥の顔にプロペラを付けるのは個人的にイヤなのでトリシリーズは全部2モーターです。

Bokky190326 (4)small
お腹側の模様も油性ペンでお絵描きしてます。
鷹は幼鳥の時や季節でハネの色とかが変わるようなので、ネットで探してもコレっていう模様が見つかりません。
途中で描くのに飽きたのでこんな感じです。

Bokky190326 (5)small
スパンが50cmと大き目なので、運搬用に分割できるように設計しました。
エレボンでグリグリしたかったのですが尾翼があるのでエルロンです。
尾翼がある構成だと主翼後端だけ動かしてもロールやループはできない機体が多いと思いますが、RC鷹も同じです。

Bokky190326 (6)small
メカは全て主翼側に付いてます。
胴体はバッテリーホルダーの役目。

Bokky190324 (7)small
先日のIAC-ASOで塗装前のメイデンフライトをしてきたのですが、かなり安定して飛びました。
トリの形状のせいか捩り下げのせいか分かりませんが、ヨー方向に回りながら直進したりしてホンモノっぽいです。
エルロンを切っても翼端失速せずに旋回するのでトンビのような動きです。
屋外で他のトリが寄ってきそーな気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR