FC2ブログ

羽ばたき飛行機1号機改造

羽ばたき飛行機の2号機もできたので、1号機のギアボックスも同じメカに換装します。

Bokky190105 (1)small
加工しやすい軟鉄のシャフトを使ってましたがもうすでにサビサビ!(上の2本)
やっぱり2号機と同じステンレスシャフトを使いましょう。

Bokky190105 (2)small
シャフトがサビるとゆーことは表面がザラザラになるのでプラギアが削れます。
そんなにフライトもしてない(飛んでない)のに穴が広がってました。

Bokky190105 (3)small
2号機と同じギア比のギアボックスに換装完了~!
ファイナルギアシャフトをベアリング受けにしてますが、今回精度のよいベアリングを使ったら3Dプリンタパーツの誤差でスムーズに回りませんでした。
3Dプリンタパーツ側にある程度アソびがあるような設計をした方が良さそうです。

Bokky190105 (4)small
主翼も2枚目を作りました~。
Φ0.8mmステンレス線でカーボンロッドを斜めに接続して後退角を作ってみました。
1枚目とあまりにも変えるとどのパラメータが良いのか分からなくなるのでロッド太さは同じです。

Bokky190105 (5)small
と言いつつ、EPP45倍1mmを使い果たしていたので30倍に変更。
だいぶパラメータ変わっちゃいました・・・。
翼形はとにかくコダワって試してみたいので1枚目同様ピアノ線で形状を付けてあります。

Bokky190105 (6)small
1枚目は約3.7g。

Bokky190105 (7)small
2枚目は約4.5gと0.8gほど重くなりました。
大した違いではなさそうに見えますがずっしりと重く感じます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR