FC2ブログ

羽ばたき飛行機2号機

本年もよろしくお願いいたします!

Bokky181231 (1)small
羽ばたき飛行機の2号機が一応できました~。
主翼は1号機から持ってきただけです(胴体よりハネを作れと怒られそうですが)

Bokky181231 (2)small
1号機で色々気になっていた部分を変更しました。

Bokky181231 (3)small
まずは一番重要なギア比の変更。
羽ばたかせてみた感じはHV Li-Poで飛ばした時と同じぐらいのパワーが出てそうです(当社比)

Bokky181231 (4)small
ふしみさん考案の旋回メカをリンク機構にしてみました。
1号機の構造だと輪ゴムのテンションがサーボに直接かかるのが気になっていたのと、もう一つは左右の輪ゴム上下位置を変えてみたかったんです。
旋回するとゆーことは主翼のどちらかの揚力(推力)が増えているのか減っているのかだと思ってます。
それであれば片方は動かさない方が良いのではないかと。(リンクでも若干動いちゃいますが)
左右を別々に制御してフラッペロンみたいに主翼だけで旋回/上昇下降ができるのかもと考えてみました。
2サーボ化で別々に動かすとか、カムを使えば1サーボで片方だけ動かせるとか色々妄想中です。

Bokky181231 (5)small
2号機はシッポが振れるよーになりました。
やはり現代社会の中ではシッポが振れた方がよいと思います(黒い発想)

Bokky181231 (6)small
飛んだレシピをあまり変えたくない派なのですが、全長が長すぎるのがトリっぽくないので若干短くしました。
垂直尾翼ナシでどこまで前に持ってこれるかは全体のバランスなのでしょうけど、、ギアボックスが結構重いので重心を取るためには軽量化が必要だと思います。
ギアボックスのステンレスシャフトも余分な長さのものを使っているので短いのに交換しようと思ってます。

Bokky181231 (7)small
バッテリー込みで約47.7gです。
今までは強度優先でパーツ選択したり3Dプリンタの肉厚を決めてましたので、ムリして設計している部分はありません。
これで飛ぶようであればメカの方は今後そんなに改良しなくても、主翼のパラメータに注力することができると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR