FC2ブログ

RCプレーンユニットその1

先日、友達の子供に「おじちゃん、らぢこんひこうきつくりたい」と言われました。
そりゃあ、おぢさんの子供の頃には夢のようだったラジコン飛行機ですが今は市販されているトイラジもありますからね。
飛ばしたいならその辺のを買って飛ばしなさい・・・と言いたいところですが「作りたい!?」
チ、チミね~!キットつーたらバルサを貼り合わせたりフィルムを貼ったりと結構大変なんですぞ!
おぢさんだってめんど・・・いや大変だから手を出しませんけど!
そーいえばチビっこでもカンタンに作れるキットって見かけませんねぇ。

で、飛行会の諸先輩方に事情を話したところ色々ご意見を頂きました。
・今は市販のトイラジ飛行機もほとんどない
・初心者ならトレーナー機がよいかも
・カッコいい機体を飛ばしたくなるはず
・ゆっくり飛ばないと操縦できなくて飽きる
・外でも飛ばせる
・EPPなら丈夫だけど入手しづらい
・プロペラが露出してない方が安全
・もちろん技適シール付きで

条件を出してみるとキットどころか自作するのでも大変な時代なんだなぁと再確認。
これじゃあ、高齢化の一途をたどるラジコン飛行機業界に新しい人材が増えることなんてムリってもんです(断言)
そのうち「ラジコン飛行機」なんて言葉も死語になって広辞苑から消えたりする事態に!?
(そもそも載ってんでしょか?)
とにかく絶滅危惧種指定のラジコン飛行機を救うため、まずはちびっこの夢をかなえてあげましょう!

Bokky181113 (2)small
まずは市販のトイクアッドコプターを用意します。
Eachine E010なんてゆーのが結構安く買えますので部品取り用と割り切ってポチりましょう。
そのまま飛ばしたくなっても技適認証がない送信機では飛ばせないのでご注意を。

Bokky181113 (3)small
キャビンのカバーを外すと基板が見えますので、モータに繋がっている線を迷わずカット。
「な、何色を切ればいいんだ?見当もつかん!あと10秒しかないぞ!ええい」
なんて時限爆弾処理ごっこをしてもかまいません。

Bokky181113 (4)small
黒いフレームのダクト(プロペラ外側の輪っか)を切り離します。
3か所をニッパーでブチブチ切れば簡単に分離できます。

Bokky181113 (5)small
次はどこのご家庭にもある3Dプリンタでこんな感じのパーツを印刷します。
3Dプリンタがなければ、プラモデルのランナーをぶった切って作ったり、100均で使えそうなモンを探したり、発泡スチロールを削って作ったりと色々やり方はあります。
工夫するのも楽しみの一つですからね~。

Bokky181113 (6)small
で、どこのご家庭にも・・・たぶんない受信機を取り付けます。
motoさん運営のe-slowflyのe-shopで購入できますが、送信機が限られていたりハンダ付けが必要だったりとハードルがグンと上がります。
良い子の皆さんはラジコンに詳しいオトナの人に作ってもらってくださいね~。
(急に投げ出す)
以前ならシーシーピーさんのエアロウィングスを買って部品を使ったりできたんですが、せちがらい世の中になったもんです。

Bokky181113 (12)small
配線してE010のモータ部分を穴に入れれば完成~。

Bokky181113 (13)small
このユニットを市販の手投げグライダーやライトプレーンにセロハンテープかなんかで取り付ければ飛ぶ・・・かも。
POWERUP3.0みたいな紙飛行機をラジコン化するステキなグッズもあります。
とりあえず、このユニットと技適認証済のプロポを友達の子供に渡してあげましょう。
「おじちゃん、ひこうきはないの?」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR