羽ばたき機の翼1

羽ばたき機の翼を色々と試していきたいと思います。
もちろん諸先輩方が何年もかけて研究した成果にあっさりたどり着くハズもありませんので、試行錯誤を続けます。

Bokky180625 (1)small
まずは手羽元部分の補強を試してみます。
これは先駆者の方々が行われているEPPの2枚貼りになりますが、実際の翼のしなりを見極めながら補強していくものだそうです。

Bokky180625 (2)small
今回、S字キャンバーを試してみたくなりΦ0.5mmのステンレス線を貼り付けてから変形させました。

Bokky180625 (3)small
翼自体のうねりをジャマしてしまいそうですが、翼断面形状も試してみたかったのです。
(かなりいい加減な加工ですが)
今回の翼を先日のIAC-ASOで試してみましたが飛びませんでした。
相変わらずの超低空飛行でアタマ上げしてパワーをロスして墜落といった感じです。
ふしみさんからも「翼は何種類か作っておいて交換しながら飛ばして試した方がよい」と教わりましたので、何通りか作ることにします。

Bokky180625 (4)small
手羽元関節パーツが壊れました。
3Dプリンタ製ですが積層方向を画像の横向きにしていたのが敗因だと分かってます。
強度アップパーツを製作します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR