FC2ブログ

ギアボックスの製作続き

羽ばたき機のギアボックス製作を続けます。

Bokky180602 (1)small
リンケージは分解がカンタンにできるようにボールリンクを使います。
といってもなかなか小さいのが見つからず、やっとM2のボールリンクを探して購入。

Bokky180602 (3)small
ボールエンド同士をM2の全ネジで接続します。
久々にネジをぶった切ったり、タップをヤスリで成型したりと金属加工しました。

Bokky180602 (2)small
Φ2mmの鉄製シャフトをクランク軸用に短く切断。
このぐらいの太さまでならラジオペンチで切れますが、コメカミの血管も切れそうになります。
Dカットはヤスリでゴリゴリしときました。l

Bokky180602 (4)small
クランクはとりあえず3Dプリンタで製作したものを使います。
圧入ですが万力でギューギューに入れてあるので空転はしにくいと思います。
手羽元リンケージはギアボックスの上部にΦ2mmのシャフトを軸に動く構造。
ココはちょっと軟弱っぽいのでいずれ強度アップが必要になるのかもしれません。

Bokky180602 (5)small
羽ばたき機のクランク周辺はふしみさんからガチガチに強度を上げることと教わってます。
ユルむよーなら接着しますが、それもまずは実験してみます。
シャフトもイモネジで固定しているのでだいぶガッチリ留まっているハズです。

Bokky180602 (6)small
手羽元リンケージの上死点。

Bokky180602 (7)small
手羽元リンケージの下死点。
どんな角度がよいのかさっぱり分かりません。
晩御飯の唐揚げを食べながら考えます。

Bokky180602 (8)small
メカ重量はこの時点で約28gです。
通電してパタパタさせてみましたが、先駆者の方々の羽ばたきに比べて若干遅い気がします。
もう少し減速比を小さくした方がよさそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR