FC2ブログ

3Dプリンタ開始

3Dプリンタはじめました。(冷やし中華的な)

Bokky180210 (2)small
ふしみさんから「要らないのであげる」と軽いノリで言われたものの、諸先輩方のご苦労はブログでさんざん見てきたので「で、できませんよ~」とお断りし続けたのですが・・・結局頂いてしまいました。
MICROFACTORYのPRN3Dとゆー3Dプリンタです。
ふしみさんが色々改造されているので、どこがオリジナルなのかよくわかりません。
PCとの接続はUSBケーブルを繋いでCOMポートを認識させるだけ。

Bokky180210 (7)small
当然ながらな~んも分からないので、ふしみさんに教えてもらったりネットで調べたりしました。
とりあえずモデリングソフトで設計したらSTLファイルにエクスポート。

Bokky180210 (6)small
CuraとゆースライサーソフトでSTLを読み込みます。

Bokky180210 (4)small
CuraのPREPARE(設定)画面。
細かい設定もふしみさんに教わりましたが、気温や状態で色々イジらないといけないようです。

Bokky180210 (5)small
CuraのMonitor画面。
PRN3Dのノズルとベッドのギャップ調整を行うのに使います。
ギャップ調整覚書です。
(1)Jog Positionの真ん中ボタンを押してノズルのXYZ軸を初期位置にする。
(2)Jog Positionの前後左右ボタンでXY軸を動かしてノズルをベッド中央にする。
(3)コピー用紙ぐらいの紙をノズルの間に挟み、少しひっかかる程度にする。
(4)X軸調整はエンド位置検知のマイクロスイッチを押すネジで調整。
(5)調整したらX軸の真ん中ボタンでギャップを見るの繰り返し。
CuraのPrint via USBを押したらあとはPRN3Dが造形開始~。

Bokky180210 (1)small
バケモノができました。
MaterialのPrinting Temperatureを230→240℃に変更してみます。

Bokky180210 (3)small
240℃にしたら少しよくなりました。
ちゃんとしたモノができるまでにはまだまだ勉強しないといけませんね~。
とりあえずカタチにはなったのであとは造形しやすいモデルの作り方とか温度調整を試していきたいと思います。
でもこんなに早くプリントできたのは、やはりふしみさんとゆー先生がいたからに他なりません。
ありがとうございました~!

2018/02/10 追記
250℃に設定したら反りもなく穴部分もだいぶキレイにできてきました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

じぶんなら角柱にします
または上だけ丸くかまぼこ型とか。
ベッドの温度を出来るだけ上げるのがいいんだけど、弊害もあります。
出来ないことは、させないっていうのもありかな。

No title

温度を上げすぎるとフィラメントが炭化して詰まりやすくなるので注意です。
印刷物が黄ばんできたら上げすぎ、自分は230度で作ってます。

こちらも大きなゴミ、じゃなくて部屋が片付いて助かりました。

ありがとうございます!

ふしみさん、このたびは良いものをお譲り頂きありがとうございます!
覚えることが多すぎて、ボケるのがまだ少し先になりそうです。

モデリングにも工夫がいるのですね〜。
おそらく最初から角柱にしてたら自分では気づかなかったかもしれません。
部屋の温度も上げてからプリントしてますが、断熱してないので外気に左右されているのかもしれません。
ふしみさんの過去ログは全て拝見して勉強しましたので、少しずつ環境を整えたいと思います!

自分でデザインしたモノが立体になるのって、嬉しいですね。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR