FC2ブログ

凧製作その1

も~いくつ寝るとお正月~♪
お正月には凧上げて~♪
・・・ってもう過ぎちゃってますけど、いまさら凧を製作します。

Bokky180104(26)small.jpg
でも凧作りって難しいんでしょ~?
とずいぶん前から材料だけ買って放置プレイしてたんですが、これだけの長期連休もなかなかないので新しいことを始めてみましょう。
まずは材料。
なるべく薄い方が軽くできるのは当然なので0.010mmのポリ袋を用意しました。
No.13とかは規格のよーで色んなサイズがありますが大きいポリ袋だと厚くなります。

Bokky180104 (4)small
ネット徘徊するとポリ袋を両面テープで貼りつけていくのが良いみたいです。
紙の両面テープだと張力が出ないのでフィルム製の両面テープを購入しました。

Bokky180104 (5)small
寺岡製作所さんのフィルム両面テープNo.7643。
確か300円ぐらいだったと思います。
幅が5mmなので細くしよーと思って半分の幅に切ったら案外カンタンにブチっとチギれます。短気ですか?
なんか貼ってから強度が出る感じですね。

Bokky180104 (3)small
色々ポリ袋工作の工程を模索したので覚書として残しておきます。
必要な工具は長い定規、よく切れるカッター、マジックです。
マスキングテープでポリ袋を台(Amazon付属の段ボールを使いましたがアクリル板とかがよさそう)仮止めしたら定規を重しにしてカッターで切り出します。

Bokky180104 (9)small
ここからがめんどくさい作業。
凧にするにはポリ袋同士を貼り付けていく必要がありますが、一番やりやすかった方法です。
5mmの両面テープをそのまま使うと重量増になるので半分の幅(2.5mm)に切って使う前提です。
ポリ袋をマスキングテープで台に仮止め(切断時と同じ)したら定規で押さえます。
この時、はみ出す部分が2.5mmになるよーにします。

Bokky180104 (10)small
定規に沿って5mm両面テープを貼っていきます。
開始の場所は台に両面テープを貼った方がラクです。

Bokky180104 (11)small
定規をどかしてポリ袋をそっと台から剥がします。

Bokky180104 (6)small
ポリ袋の表裏をひっくり返して台にマスキングテープで仮止めします。

Bokky180104 (13)small
定規をポリ袋の端面に合わせたらカッターで切ります。
こうすると2.5mm幅の両面テープがもう1本作れます。(貼るときに台にくっつかないようにすれば)
両端にハミ出た不要な両面テープはここで切り落とします。

Bokky180104 (14)small
再びポリ袋をひっくり返してマスキングテープで仮止めしたら定規を当てて剥離テープを剥がします。
2.5mm幅の粘着面だけ出る感じです。

Bokky180104 (7)small
貼る側のポリ袋にシワが寄らないよーに位置決めするのが一番難しいのですが、ポリ袋の両端を外側に引っ張ると少し浮き上がるのを利用して位置決めしたら中央から貼り付けていきます。
ポリ袋に貼り直しはできないので慎重かつ大胆に。

Bokky180104 (8)small
これでポリ袋同士が接着できました。
思ってたよりもシワもよらずキレイに貼れました。
これができればどんな形状でも長さでも自由なものが作れます。
ハンダごて融着装置の方がもっと簡単なのかもしれませんが、とりあえず直線貼りならこのやり方でできそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR