スケール機の設計

スケールA-10で、初めてスケール機を製作したのでやり方を覚書として残しておきます。


まず、一番重要なのは三面図の入手です。
メジャーな機体であればWikiとかいろんなところに落ちてると思います。
これがないと前後左右上下の画像を使うしかありませんが、むちゃくちゃ大変そうです。
図面の寸法をレタッチソフト等で計測します。
ルーラーや「測定」といった機能は大体のレタッチソフトにあると思いますので、まずは全長と全幅(ウィングスパン)を測ります。
mmやinchでもよいですがdpiで比率が狂うと面倒なのでpxで測定した方が良いと思います。

Bokky170522(2)bsmall.jpg
測定したデータはテキトーなテキストエディタに書いておきます。
結構なポイントを測定するので紙だと手が疲れます。
ここでは全幅(ウィングスパン)が画像上で853pxでした。
製作する実サイズは560mmにしたいので853/560=0.6565・・・が倍率となります。
三面図でも上面や側面で若干寸法が合ってないことがあるので、それぞれで倍率を求めた方が良いと思います。

Bokky170522(3)asmall.jpg
あとはひたすら画像から各部の寸法(px)で測定します。
電卓を駆使して倍率をかけていけば実サイズになります。
この時、大事なのはあまり細かい寸法にせず多少数値を丸めることです。
63mmだったら65mmにする等で、後で方眼紙の図面製作がラクになります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR