スケールA-10 その8

スケール感アップのため、細かいパーツを作っていきます。
この辺は飛行に関係ないので無くても良いのですが、A-10ぽく見せるためのコダワリです。

Bokky170507 (41)small
胴体機尾のフタ。
これは付けておかないと穴が丸見えで恥ずかしいです。
ドーム状の立体を作るには、機首のような「R切込み絞り接着工法」、キャノピーのような「立体曲げ不要部分切り捨て工法」など、伝統の工法が(?)色々ありますが、今回は「野球ボール工法」(急にシンプルなネーミング)を使ってみましょう。

Bokky170507 (42)small
野球のボールみたいな型紙でこんなカタチの立体が作れます。
丸っこさを求めない場合等、TPOに合わせて使いこなします。

Bokky170507 (43)small
A-10コクピット下に取って付けたようなカメラポッド?があるのでこれも取って付けておきましょう。
ポッドはEPP3mmを2枚貼り合わせてカッターで成型しました。
ステイ部分も実機のようにRを付けてます。

あ、一番大事なGAU-8アヴェンジャーを作らないと!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR