スケールA-10 その5

A-10の特徴であるポッド形状のエンジンを作ります。
多少、翼面積には影響もありそうですが飛行体としては飾りなだけです。

Bokky170507 (20)small
型紙を作って先っちょと後端を絞り込みます。
日本酒が飲みたくなってくるのは気のせいでしょか?

Bokky170507 (21)small
ジェットエンジンのコーンを作ります。
飛行に影響のない部分なので軽量化のために1mm厚のEPPで製作。

Bokky170507 (22)small
エンジン内に5mm幅のステイを付けました。
EPP45倍2mm厚を5mm幅に切ってます。
これにコーンを接着。
ステイを放射線状にたくさん付ければファンに見えそうですが、まぁそこまでやる気力は出ません。
科学が進んでEPPが3Dプリントできるまで長生きすることにします。

Bokky170507 (23)small
エンジン噴射口にあるパーツ。
これも歪みなんて気にしないので1mmEPPで切り出します。

Bokky170507 (24)small
スパン0.5mの機体なのに0.5mm単位の作業が続きます。
噴射口パーツを取り付けるために数mmのステイを製作して貼り付けました。

Bokky170507 (25)small
エンジンポッドに接着すればそれっぽい感じ。

Bokky170507 (26)small
エンジンを胴体に取り付けるパーツ。
エンジンの角度と胴体の角度を考慮してEPPを切り出す際に角度を付けます。

Bokky170507 (27)small
今回はエンジンのすぐご近所にプロペラが来るので、あまりプラプラしてると飛行中に干渉しそうです。
エンジンにプロペラが当たって墜落なんて聞いたことありません。
EPP3mm厚では強度が足りなかったので後で2枚貼り合わせました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR