スケールA-10 その1

HORIZON HOBBYのUMX A-10が欲しかったのですけど・・・。
28mmEDFの飛びを公式動画で見てみると・・・速過ぎ!
まぁ100g超の機体ですし、こんなもんかも。
Bokky的にはこんな感じにスローフライトしたいんですよね。
ならUMX A-10と同じサイズで軽~く作れば(いや、それが一番難しい)ふんわり飛ぶハズ。

Bokky170507 (1)small
やってみないと分からないのでとにかく作ってみましょう!
そーいえばスケール機なんて作るの初めて?
ネットで実機の図面を拾ってスケールダウンして電卓で計算して・・・うーむ、めんどくさい。
でもやり始めてしまったので進めてみま~す。
ウィングスパンはUMX A-10と同じで約560mmにしときます。
スケールだと1/30ぐらいでしょか。

Bokky170507 (4)small
とにかく胴体を作ってみました。
しかし、全長が約500mmにもなるとふにゃふにゃEPPのヨジれがハンパないです。
できる限り部品(板)の寸法を合わせるしかないのですが、延びたり縮んだりとEPPの天真爛漫な性格に困りつつ。

Bokky170507 (5)small
主翼の受け部分。
EPPの厚みを考えながら何度も作り直します。

Bokky170507 (7)small
機首はテーパー加工でとんがった形状にします。
とにかく型紙で設計しながら進めているので時間がむちゃくちゃかかります。
デフォルメ機ならごまかしちゃうとこですが実機のスケールダウンが目的なので!
しかも、妥協すると他のとこにも誤差ができて寸法が合わなくなりそう。

Bokky170507 (9)small
水平尾翼部分にはエレベータの機構が入るので、どーやって動翼を動かすリンクを内蔵するか考えないと。
スケール機、かなり大変です!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR