A4サイズファイター F-14その3

A4サイズファイターF-14トムキャット製作の続きです。

Bokky170420 (11)small
まず、主翼のカンザシ(Φ1.2mmカーボンロッド、長さ280mm)を取り付けます。
いつも2モータ機を作る際にはカンザシをプロペラ穴後方に付けますが、今回は柔らかいEPP板なので前方に付けてます。
モータとカンザシを接続することで強度を増すためです。
じゃあいつも前で良いのでわ?とゆー疑問は考えないことにします。
次にエンジンパーツを機体部分に取り付けます。
エンジンの垂直部分パーツはケーブルをまたぐので板に少し切り欠きを付けておきます。
機体中央の板パーツもここで取り付け。

Bokky170420 (15)small
水平尾翼にもカンザシ(Φ1.0mmカーボンロッド、長さ208mm)を取り付けます。
エンジン後端が丸くなる形状なので図面から長さが出せず、現物合わせとなりました。
ヒンジとカンザシが平行になってないのもその辺を察してください。

Bokky170420 (13)small
サーボの取り付け。
接着前に仮留めで位置を変えて重心合わせしました。
EPP30倍3mm厚の板をサーボの大きさに合わせて切り出してベッドにしてあります。
主翼側(サーボ底面)にも面積を取って強度を出すためです。

Bokky170420 (14)small
リンケージはΦ0.5mmステンレス線。
長さは69mmでした。
サーボと水平尾翼ホーンが結構急な角度にリンケージされるため、サーボホーンのニュートラルは2歯ほどズラしてます。
リンケージの逃げはカッターでスリットになるように切っておきました。

Bokky170420 (12)small
メカ搭載とリンケージが完了したのでエンジン前方にフタをすればほぼ完成。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR