A4サイズファイター F-14その2

A4サイズファイター第3弾、F-14トムキャット製作の続きです。
テンションを上げるため、トップガンを観賞します。

Bokky170420 (6)small
機首にフェアリングを取り付けます。
球形に近い立体に平面の板を合わせるので、合わせ目は何回か修正しながら進めます。
ある程度伸び縮みするEPPですがあまり引っ張ると歪みができて、後でパーツの位置が合わなくなります。

Bokky170420 (7)small
エンジン内にサーボを配置するため、水平尾翼は先に取り付けておきます。
リンケージはエンジンパーツだけで張るためです。

Bokky170420 (8)small
メカと配線作業を考慮して、主翼はエンジン側ではなく機首側に取り付けます。
Deltangレシーバにモータの配線をしておき、機首の中にレシーバが入るようになります。

Bokky170420 (9)small
ウニョーン、ボク、モーターだよ〜(裏声)
機首の横にカッターで切込みを入れて、そこからモータを主翼側に引っ張り出しました。
ケーブルだけ通せば小さい穴で済むのですが、後からハンダ付けをしたくないので・・・。
穴は接着剤で塞いでも良いのですが強度に関係ない部分なのでそのままにしときます。

Bokky170420 (10)small
サーボの配線も同じ穴を通してレシーバと接続します。
今回はRx34dを使ったのでケーブルを通してコネクタを挿すだけですが、サーボを直接レシーバにハンダ付けしたメカなら穴からサーボを出すことになります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR