エレボン+差動モータ

CVT JAS39グリペンを飛ばしていて、なんかちょっと挙動が変だな~と思ってました。
元々挙動が変っぽい飛行機なので気にしてなかったのですが、エレベータ操作で左右モータの回転数が変わっている・・・。
つまりモータの差動がかかった状態でバック転ループしてたようです(気づけよ)
送信機側でミキシングをかけているエレボンなので当然ちゃ~当然ですが、今までエレボン+差動モータで使ったことがなかったので問題になってなかった様子。

Bokky170129 (9)small
解決方法を覚書として残しておきます。
Deltangレシーバの場合、差動モータを使用するチャンネルを選択できます。
画像はRx34dのマニュアルですが、ラダーかエルロンが選べるのでラダーにします。
他のレシーバだと任意のチャンネルを選べるものもあります。
要はエレボンで使用しているエルロンとエレベータ以外ですね。

Bokky170129 (7)small
送信機側でミキシングします。
まずはエルロン→ラダーにミキシング+100%かけます。
POS1は差動をオフしたい時用。

Bokky170129 (8)small
ラダースティックを使わないのでラダー→ラダーは-100%にします。
以上で終了~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR