デフォルメゼロ戦ミニ その3

1個のサーボで左右のエルロンを制御するのには、サーボを機首に設置してリンケージを貼る方法がラクです。

Bokky161210 (6)small
今回は機体をスッキリさせるため、以前YUMMYさんがやってたクランクの手法を採用してみます。
Φ0.5mmのピアノ線(最近はサビないステンレス線を使用)をラジオペンチで曲げてこんな感じに作ります。

Bokky161210 (7)small
黒いチューブは1mmの熱収縮チューブをステンレス線に通してからハンダごてで熱します。
クランク側はΦ0.5mmのステンレス線が入るように丸く曲げておきます。

Bokky161210 (8)small
左右、全く同じ対称の部品を作るのが結構面倒です。

Bokky161210 (10)small
胴体補強パーツにはクランク機構が入るのを考慮して逃げを作っておきます。

Bokky161210 (9)small
主翼にパーツを貼り付けます。
なるべくヒンジの中心が良いので上面に接着しましたが、切込みを入れて埋めた方がキレイかも。

Bokky161210 (13)small
両引きサーボホーンを付けたサーボを中心に設置して、クランクのパーツへリンケージを張ります。

Bokky161210 (11)small
サーボが回るとリンケージでクランクを引っ張ってエルロンが動作します。

Bokky161210 (12)small
飛行機に限らず、フクザツな機構にすると故障の確率が上がるのでメカはシンプルの方が良いです。
今回はどの程度の信頼性があるのか試したくてやってみました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR