アクロセイルプレーンv1.5

アクロセイルプレーンですが、先日の飛行会ではなんとか飛んだものの巻き込みが激しくて飛ばすのがやっと。
やっぱし事前にある程度、調整が必要ですね~。

Bokky161203 (1)small
色々と改良しま~す。
まずは巻き込みですが、要は旋回時の翼端失速です。
主翼のアスペクト比が横長なので翼端の面積がモロに効いてくるはずです。
普通なら上反角や翼端を跳ね上げたりすればよいのですけど、アクロ機なので平面翼にしたいんですよね。
40cmとゆースパンも変えたくないので、翼端に後退角を付けて面積をアップしました。

Bokky161203 (2)small
エルロンは機体前後方向の幅を約2倍にしました。
翼端の方が舵に効いてくるので5mm程度胴体側より長くなってます。
これ以上主翼をデカくすると普通の飛行機になるので、セイルプレーンに見えるギリを狙いました。

Bokky161203 (3)small
ノーズにバッテリーを移動して重心を改善。
あまりノーズを長くするとセイルプレーンぽくないのでこちらもバッテリーが入ってギリギリのところ。
飛ぶだけの飛行機なら割と正解は多いのですが、キレイなカタチの飛行機はムツカシイ・・・。

Bokky161203 (4)small
垂直尾翼も面積30%増量、水平尾翼は面積2倍にしました。
付け足したEPPで機体総重量18.52gと約0.3gほどの重量増です。

Bokky161203 (6)small
機首にバッテリーを配置したのでCGは主翼前端から30%ぐらいに最適化。
もう少し前の方が正解だと思ってます。

さて、最近ドローンの問題で公園で飛行するのをちょっとためらってましたが、人もいなかったので久々に屋外飛行です。
キッチリ飛びました~。ロールもループも問題ナシ!
少し機首上げもありますが、エレベータダウンでなんとか操縦可能範囲です。
主翼をガッチリ作ったのがやはり成功でアクロがカチッとキマります。
変な飛行機を飛ばすための色んなノウハウが普通の飛行機製作でも生かされたようです(笑)
まだまだ滑空とまでいかないのでv1.5としときま~す。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR