アクロセイルプレーン一応完成

アクロセイルプレーンのテスト機が完成しました~。

Bokky161124 (2)small
アクロセイルプレーンテスト機
全長 300mm
翼長(ウィングスパン) 400mm
重量 18.13g
翼面積 約2.0dm2
翼面荷重 9g/dm2ぐらい
モーター Φ7x16mm コアレスブラシモータ
コントローラ Deltang Rx43d
バッテリー 1S 3.7V 100mAh Li-Po

Bokky161124 (3)small
久々に翼面荷重が9g/dm2と大き目の機体になってしまいました。
なのでグライダーのような飛行はムリっぽいです。
動翼も小さいのでアクロができるかどうか不明・・・立ち位置がとってもビミョーな飛行機。

Bokky161124 (4)small
モータはΦ7x16mmと重たいのを使いましたがパワーで振り回したいのでまずはテスト。
サーボを2個並べたレイアウトが今回の一工夫です。
手前がエレベータサーボで、Φ3mmピアノ線のリンケージ。

Bokky161124 (5)small
エルロンサーボは機体下部側に向いていてこんな感じ。

Bokky161124 (6)small
EPPの細い板を貼って、なんちゃって胴体になってます。
エルロンサーボが着陸時に地面と干渉するのを防ぐ効果もあります。

Bokky161124 (1)small
主翼をカチカチにしたかったので太目のカンザシを入れたりEPPも30倍を使ったりして結構重たくなりました。
ふんわり飛ばすなら発泡スチロールでもよかったんですがスピード速めのグリグリが目的なのでしょーがなしです。
カンザシのおかげでハンドランチができるかもしれませんけど。

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ〜いいですね〜
最近全然作業できてないですけど…
オレも石井さんの紙飛行機対決を見てから、なんかモグラ的な主翼が長くて滑空してグリグリするような感じのが作りたいな〜なんて思ってたとこです( ^ω^ )

No title

リョウさん、ごぶさたで〜す!
そーなんですよ、グリフワじゃなくてフワグリとゆーか(?)
滑空しながら大きなループやロールできるのを目指してます!
正統派の飛行機は久々なので(ん?作ったことあったっけ?)試行錯誤ですが、飛ぶには飛んだので少し正解が見えてきました〜。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR