回転翼機飛ぶ

ツインローター回転翼機(マグヌス機?)が飛びました。
以前の記事はこちらです。

Bokky160925 (15)small
としちゃんの超小型飛行体研究所ブログの3年前の記事を拝見してふしみさんが作った回転翼機を自分でも試してみたくなったのが発端です。
でも、水平のハネが付いていると「この揚力で飛んでいるのかも?」と思われるのがイヤなので2ロータにして反トルクをなくそうとしたのが前回までのあらすじ。(?)

Bokky160925 (18)small
最初はロータが前後になるようにしてましたが、手投げしているうちにロータが上下の方が安定することが分かりました。
機体が縦になるように、動力であるブラシレスモータをレイアウト。
飛行会でテストしたところ前のめりになるようなので、ふしみさんからのアドバイスでモータ取り付けにアップ方向のスラスト角を入れました。

Bokky160925 (12)small
どんな理論なのかバランスなのか分かりませんが、なんと超安定飛行に成功したのでした~。
ちゃんとスロットルを上げれば上昇、下げれば下降します。
転がってたEPPで作ったツギハギのラダーもこの面積でキッチリ曲がります。
としちゃんが早速紹介してくれました!
人類初とか・・・こっぱずかしいです。

Bokky160925 (13)small
低速飛行も小回り旋回もできますし、このカタチからは想像もできない操縦安定性です。
動画はこちらです。

コメントの投稿

非公開コメント

すご!

すんごいですね~
どーして安定するの~、なーんで縦なの~、わっかりましぇーん
もうビックリドッキリメカ担当のポストは譲って引退しようかしらん。
ま、とにかくおめでとうございます。パチパチパチ(拍手喝采)

ふしみさんのおかげです

ふしみさん、こんにちわ!
引退なんてダメです!ビックリドッキリメカはふしみさんが引っ張ってくれないと!
安定する理由や縦で飛ぶ訳は、飛んでる本人にしかわかりましぇーん。
ふしみさんに昔お聞きした「適度に手を抜くべし」を実践しているのが良かったのだと思ってま~す。

Very COOL!

の嵐ですよ、YOUTUBEで
まじ誰も見たことのない領域ナンスから。
なにか新しいものが産まれてしまった瞬間に立ち会えて、しかも操縦体験までさせてもらって、大変ありがたいことでございます。
アレだけ安定して飛んでいると産後の肥立ちが良さそうですし、地面のよちよち歩きから飛び立つのも時間の問題ですね。

ありがとうございます〜!

としにゃん、こんにちわ!
世界でも有名な超小型飛行体研究所さまから動画配信して頂いたおかげで、たくさんの方に見て頂いてるのが嬉しいです〜!
思った以上の飛行安定性には作った本人が一番ビックリしておりますが(笑)
次は離着陸!と皆様の温かいハードル上げに泣きながら構想をネリネリしてます〜。

面白いですね

面白いですね!
しかしこれはローターが単に安定した抵抗になっているだけで、実際にはモーターの推力のみによって飛行しているのではないでしょうか
円筒ローターを回転させた、本来のマグヌス効果実験機と比較すると面白いと思います

ありがとうございます!

お名前不明さま、こんにちわ!
実際のところ、これがマグヌス効果なのかどうか分かりません。
なので、あえて断定せず回転翼機としております。
回転する翼でやりたい目的がありまして、マグヌス?なのかの実験はそのうち筒のようなパーツを作って被せてみようとも思ってます。
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR