Allegro 分解

ShenqiweiのAllegroを分解してみました。

Bokky160605 (13)small
カウルを外すのではなくネジ4本を外して左右のパーツをバラすと真っ二つになります。
ライダーの手の影にタンク部分のネジがあるのですが、他の3本を外してライダーを上に持ち上げるとアクセスできます。

Bokky160605 (16)small
メイン基板。
縦は32mm、横は22.5mmですがステアリングホーンの切り欠きがあります。
ケーブルは左上が走行用モータ、左下がステアリング用モータ、右下がジャイロ用モータです。

Bokky160605 (14)small
ステアリング用モータはΦ6x10mmモータで、扇型ギアを回してホーンを動かします。
ステアリングロッドはΦ0.5mmのステンレス線みたいです。
走行用モータはΦ8.5x20mmモータ。

Bokky160605 (15)small
ジャイロ用モータはドライブユニットの中に内蔵されています。

Bokky160605 (17)small
リアホイールシャフトはネジになっていてそれを緩めるとドライブユニットが分解できます。

Bokky160605 (18)small
ジャイロ用モータはΦ6x12mm。
ステアリング用モータと同じに見えます。

Bokky160605 (19)small
リアホイール内蔵のジャイロフライホイールはプーリーで回転させる構造です。
さて、色々改造ポイントが分かりましたがΦ8.5x20mmなので3AぐらいのESCが必要っぽいです。
そうなるとDeltangレシーバはそのまま使えないかもしれません。
ステアリング部分は切り取ってしまえばホビキン1.7gサーボは入りそうな感じ。
メイン基板はRFA04とほぼ同じ大きさですがステアリングホーンと干渉しそうです。
うーむ、Deltang+外付けESCで動かせそうですが基板が収まるかどうか・・・。
しばらく考えてみます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR