モトクロッサー大地 フタバ化

京商エッグさんのモトクロッサー大地をフタバ化しました~。

Bokky160515 (13)small
最近調子に乗ってトイラジにフタバ互換受信機を載せまくってます。
まぁ激安で小型の受信機を発見したので、使いにくい付属オモチャプロポから脱出します。

Bokky160515 (1)small
作業の覚書。
フレーム横にあるネジを何か所か外せば左右に分離できます。

Bokky160515 (2)small
純正の基板が超ちっこいスペースに収まってます。
迷わず配線をぶった切って除去します。

Bokky160515 (3)small
電磁式のステアリングユニット。
1.1gのリニアサーボなら入りそうですがステアリングダンパー機構をどうするか悩みますね。
とりあえず今回はこのまま使います。

Bokky160515 (4)small
基板と反対側にはウエイトが載せてありました。
単4電池4本駆動で重いのに、更にオモリとはバランスがビミョーなんでしょか。
まぁオモリはあとからでも追加できますので削除します。

Bokky160515 (5)small
ウエイトは約11gでした。
載せ替えるメカで大体そのぐらいになるハズです。

Bokky160515 (6)small
受信機は激安2000円のフタバFASST互換RFA04です。
ESCはいままで使ってたCoolRCではなく、今回SinohobbyのMINI-Q(ミニッツのパチモン)用20Aにしました。
実装部品はほとんど同じなのでおそらくは同じメーカで作っていると思われます。

Bokky160515 (7)small
電磁式ステアリングユニットを動作させるためにサーボ基板を使用します。
HobbyKing™ HK15148 Analog Servo 2.5kg / 0.14sec / 17g
電磁石の駆動電流が流せればなんでも良いので$2.6の格安品にしときました。

Bokky160515 (8)small
サーボ基板も小さくていい感じ。

Bokky160515 (9)small
ポテンションメータの軸を固定する方法が簡単ですが、使わないもん載せておくスペースもないので別方法にします。
サーボ基板のポテンションメータが付いていた端子に抵抗を2個ハンダ付けすればOKです。
もともと半固定抵抗なので、同じ抵抗値の抵抗を1-2ピン間と2-3ピン間に付ければ固定したのと同じになります。
一番下にテキトーに付いてるチップ抵抗がそれ。
あとはモータ出力端子に電磁石のケーブルを繋ぎます。

Bokky160515 (10)small
純正基板は防水のため密閉されてますが、ケーブルがたくさん出てくるのでフレームの基板上部分を削り落としました。

Bokky160515 (11)small
RFA04受信機はピンヘッダを削除してESCのコントロールケーブルを直結、サーボ基板も同様です。
ESCの電源を電池ボックスに接続、モータ配線をESCに接続。

Bokky160515 (12)small
ESCの幅がギリギリでしたがなんとかフレーム内に収まりました~。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR