ヨットの調整

大先輩の皆さまに教えて頂いたRCヨットの調整やノウハウをまとめておきたいと思います。
初心者の備忘録なので間違っているかもしれません。
また、ヨットは専門用語がものすごくあるので覚書としておきます。

Bokky160329 (1)small
まずマストですがヨットの特性を変えるために前後方向へ調整するそうです。
ジブセールのバウ(船首)側に張ったコードをフォアステー、マストからスターン(船尾)に張ったコードをバックステーと呼びますが、これらの張り方でマストを前後に若干傾けられます。
ヨットがセールやラダーを調整しなくても風上に進む特性をウエザーヘルムと呼ぶそうですが、マストを少しスターン側へ倒すと重心が後ろになりウエザーヘルムになるようです。
黄色線はジブセールの軸になります。
これはしっかり張るようにコードを調整します。

Bokky160329 (3)small
セールの開きは大体90度になるのが良いようです。
画像は若干閉じてますが、ORIONはセール全閉の際にメインセールが船体中心になるようにコードを調整すると、このぐらいになります。全閉でメインセールが多少遊ぶくらいにすれば90度に調整できます。
どちらがよいのかは良くわかりません・・・。

Bokky160329 (2)small
ジブセールは船体を横に倒した時に軸を中心に水平になるように先端のオモリを調整するそうです。
オモリはネジになっているので調整後はネジ山をツブしたり、接着剤で固定しないと脱走するようです。

Bokky160329 (4)small
防水はcvlexさまからも教えて頂きましたが重要ポイントです。
ORION付属の黒いパッドは何回か貼り直しができますが、帆走する際には防水テープで留めるのがよいそうです。
どんなのがよいのか分からなかったのでOK模型のものを買ってみました。

手持ち送信機がほとんどDSM2なので、レシーバもR615を使おうとしましたがやはりアンテナが短くて不安です。
2.4Gは水に吸収されるそうなのでアンテナが長いレシーバに交換したいところです。
アンテナは船体に穴を空けて立てるのが理想的みたいです。
ちなみにORIONのメンテ用穴は結構タイトなので指が入りません・・・。
船内にメカを仕込むのは結構大変そうです。

2016/04/05追記
cvlexさまのヨット調整解説です!
初心者でも理論的に分かりやすくご紹介されていて勉強になります!
http://mvsica.sakura.ne.jp/fwind/rcsailing/sbtuning.html

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Bokkinenさま、おはようございます。

自分は昨年夏からラジコンヨットを始めた超初心者ですので、ネットで色々調べたり、ヨットレースに参加してベテランの方に教えを受けています。その情報をまとめたページを作りました。拙いものですが、お暇な折にでもご笑覧ください。

http://mvsica.sakura.ne.jp/fwind/rcsailing/sbtuning.html

No title

cvlexさま、おはようございます!
すごく分かりやすいご説明で超初心者のワタシでもきちんと理解できました!ありがとうございます!
ベテランの方の解説だと「何故そうするのか」までの言及が省かれていることが多く、cvlexさまの解説はちゃんと理由を説明して頂いているのがとても助かりました!
あまりに素晴らしいのでリンクを張らせて頂きました。

No title

Bokkinenさま、こんばんは。
リンク、恐縮です。
ORIONの帆走、楽しみですね!
レポートと動画もよろしくお願いします。

No title

cvlexさま、こんにちは!
こちらこそリンクさせて頂きありがとうございました!
貴重な情報、隅から隅まで勉強させて頂きます!
初物のジャンルなのでワクワクしちゃいます〜。
レポートなんて恐れ多いですが、感想文と反省文は書けそうです(笑)
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR