ORIONレシーバ交換

ORIONでも愛用の送信機を使いたいのでレシーバを載せ替えます。

Bokky160326 (1)small
とりあえずバッテリー(乾電池)の重量は約100g。
バッテリーも2セルLi-Po化したいので、BECかESC(電源用に使うだけ)を死蔵ラジから剥ぎ取って使おうかと思いました。
が、気づいてみたら2000mAh辺りの1/16オフロードカー用の2セルはあまりの放置プレイに全部パンパンに膨らんでたので先日捨てたのを思い出しました・・・。
う~ん、残ってるのはマイクロヘリ用の100~200mAhと1/10オフロードカー用の4000~6000mAhばかり。
4000mAhなら丸2日間ぐらい帆走できそーですが200gもあるし。

motoさんオススメのHVサーボを買う予算もすぐには出ないのでしばらくは単3にしときましょう。
ちなみに純正セールサーボは40x20mmぐらいなので50gサーボがフィットしそうです。
ラダーサーボは24x12mmぐらいなので10~15gサーボが合いそうです。

Bokky160326 (2)small
レシーバはその辺にあったOrange RXです。
DSM2ローパワーモジュールTD2.4LPでも見通しぐらいは電波が飛ぶので大丈夫でしょう。
付属送信機は左スティック前後がセールコントロール、右スティック左右がラダーコントロールでした。
色々調べるとモード1の場合、右スロットルにセール、左ラダーにラダーを割り当てるようなのでそーしときました。
バッテリーは100均製のNi-MHです。

これで手持ち送信機での帆走が可能になりました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

水面は意外と電波が届きにくいときがありますから、ローパワーモジュールは危険です。とりあえずDX6iでやったらいいんでないかい。

No title

Bokkinenさま、おはようございます。

2.4GHzは水に吸収されるため、RCボート類では、アンテナをなるべく高くする必要があるそうです。スピードボートで、受信機アンテナがルースターテールの陰になってリンクが切れた、という話を聞いたこともあります。

自分はヨットにはJRのRG612BX/712BXを積んで、2本のアンテナが水平方向に90度になるようにして甲板内側あるいはハッチ内側に固定しています。

お使いのOrangeRXの場合は、エクストラアンテナが付けられると思いますので、ハッチの上に出されるといいでしょうね。

あと、すでにご検討と思いますが、防水対策は徹底的やっておいた方がいいです。オリオンの場合は、黒いシートを貼るようになっていると思いますが、念のため、帆走時には防水テープで縁をシールした方がいいです。

それでも強風時に帆走すると、多少、水が入りますので、自分は受信機をゴム風船に入れて、口を輪ゴムで縛っておくか、なるべく船底から高い位置に取り付けて浸水の影響を受けにくいようにしています。

No title

motoさん、こんにちわ!
そーなんですか~。空中とはやはり勝手が違うのですね。
DX6i用意しま~す!ありがとうございます。

No title

cvlexさま、ありがとうございます!
ORIONの純正レシーバも15cmぐらいの長いアンテナケーブルだったのですが、理由があるのですね!
Orange RXは一応2本のアンテナが出ていますが、ダイバシティなのかはアヤシイです。
洋上でノーコンは致命的なので、レシーバはもっと調べてみます。

ORIONの防水シートは何回も貼り直しができると説明書に書いてありますが、cvlexさまのおっしゃる通りスキマもできそうで防水性はちょっと不安です。
メカが決定したらバッテリー側じゃない方はちゃんと塞ごうかと思ってます。
防水テープもたくさん種類があるみたいなので、ネット徘徊で良いものを探してみます!
プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR