超小型2g空撮ビデオカメラその2

Cheerson CX-10Cのカメラボードを取り出しました~。

Bokky160227 (8)small
重さはMicroSDカードを含めても2.01g!
これはビデオカメラモジュールとしてはかなり軽いです!
さすが世界最軽量レベルのクアッドコプター用だけあります。

Bokky160227 (9)small
ちなみに今までも色んなビデオカメラを使って空撮してきました。
とりあえず重量をまとめておきましょう。
左上から右へ
キーチェーンカメラ 15.73g
808 #16 Lens Dマイクロカメラ 18.82g(SD含む)
MOBIUS ACTION CAMERA 18.85g(SD含む)
左下から右へ
クリップタイプカメラ(ガワ無し) 14.98g
クリップタイプカメラ(ガワ有り) 20.38g
K&S MVC-10(SD含む) 8.19g
Hubsan H107C(SD含む) 3.26g
CX-10C用カメラボード(SD含む) 2.01g

Bokky160227 (10)small
CX-10C用カメラボードは今までのビデオカメラの中で最軽量なのですが、カメラ切り替えとON/OFFに制御信号が必要です。
テスト用PICで色んな信号をゴニョゴニョしていたところそれらしきパルス幅を見つけました。
そこで超軽量な米粒サイズPIC10F200で制御信号を作ることにしました。
SOT-23の基板は約0.12g。

Bokky160227 (11)small
汎用ボードを使って書き込み用治具を製作。
PICをテープで貼り付けて書き込みできるか実験です。

Bokky160227 (12)small
この状態でプログラマにセットしたんですがやはりピン接触不良で書き込みできず。

Bokky160227 (13)small
ピン留めを子供から徴用して挟んだのですがこれでもダメ。

Bokky160227 (14)small
しょーがないのでハンダ付けして後から外すことにします。
SOT-23アダプタは高いのやら安いのやら色々あるみたいですが、年に何回も使わないと思うので。

Bokky160227 (16)small
アセンブラで設計したらPICをプログラミングして基板に付け替えてCX-10C用制御基板完成~。
今回のプログラムはスイッチで動画ON/OFFできる仕様です。
サーボパルスでもON/OFFできるようにプログラムを作ればスイッチ分だけ軽くなりますが、空きチャンネルが無かったので。
ちなみに静止画と動画では制御信号のパルス幅が違うのですが、今回は動画専用です。
動画撮影開始と終了がわかりやすいようにLEDのインジケータも付けられるよーにプログラムを作ってますが、今回は使用してません。

Bokky160227 (15)small
制御信号入力用ボードの重さは約0.41gでした。
今回はチカラのかかるスイッチをしっかり固定したくて基板実装です。
スイッチをカンタンなものにしたりチップ抵抗を使えば0.1〜0.2g軽くなると思います。

Bokky160227 (17)small
カメラボードに制御信号入力用ボードを取り付けた状態で約2.39g。

Bokky160227 (18)small
サイズもかなり小さいので空撮専用機を作らなくても手持ちの機体に載せられるのが最大のメリットです!!
ちなみにCX-10C用を入手したあと、JJRC H6C用もかなり小型だと分かりました。
こちらは2MPなのですが、画質と分解能は必ずしも一致しないので本当にキレイか不明です。
実際H107Cの2MPは画質が悪くてダメダメでした。
CX-10Cは0.3MPなのですが、なんか補正をしているようで暗い部屋で撮影してもまぁまぁキレイです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bokkinen

Author:Bokkinen
MINI-Z BAR ANNEXへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あなたは↓番目のお客様です!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR